ダイエット 生活の知恵

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

更新日:

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

薄着の季節になってきましたが、本気でダイエットしないとと焦っていませんか?

これまで色んなダイエットをしてきたけど、何度も失敗してきたという方もおられることでしょう。

どうすれば本当に痩せて、リバウンドしない体を手に入れることができるのでしょうか?

その答えは、定期的な運動によって脂肪をしっかりと燃焼させることにあります

では、脂肪を効果的に燃焼させる運動には、どんなエクササイズがあるのでしょうか?

ここでは、効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つについて、ご紹介します。

 

1.運動が脂肪燃焼に一番効果的な理由

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪をしっかりと燃焼してダイエットするのに、どうして運動が一番効果的なのでしょうか?

それでは、運動が脂肪燃焼に効果的であると言える理由について、ご紹介しましょう。

 

①血液中のエネルギーを消費できる

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪を効果的に燃焼するためには、定期的に運動するのが一番良い方法です。

では、運動がダイエットに一番効果的であると言えるのはどうしてでしょうか?

それは運動することでエネルギーを不足させることができ、血液中のエネルギーを消費することができるからです。

体脂肪は、消費しきれなかったエネルギーが体に蓄えることで作られてしまうんです。

スポンサーリンク

そのため、運動してエネルギーを消費することで、体脂肪を燃焼して痩せることができるというわけですね!

もしあなたが本気で脂肪を燃焼させたいと思っているならば、毎日の生活に運動を取り入れてみましょう。

 

②脂肪を蓄積しにくい体作りができる

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

ダイエットしてるのに、すぐにリバウンドして全然痩せないって感じたことはありませんか?

その理由は、運動不足が原因で脂肪を蓄積しやすい体になっていることにあります。

脂肪を燃焼しやすい体ができていないために、ダイエットしてもリバウンドしてしまうんですね。

運動をすることで、エネルギーを蓄積しにくい体作りができるますよ!

むやみに運動したり食事制限をしたからと言って、脂肪を燃焼できるわけではありません。

ちょっとした軽い運動では脂肪はなかなか燃焼せず、効果的な運動を取り入れないと減量はできません。

上手に運動を取り入れ、脂肪燃焼の効果を飛躍的に高めることが大切ですよ!

 

2.脂肪を燃焼させるのに効果的な有酸素運動の基本

 効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪を燃焼させてリバウンドしないダイエットをするには、運動をする必要があります。

ここでは、脂肪を燃焼させるのに効果的な有酸素運動について、ご紹介したいと思います。

 

 ①有酸素運動とは多くの酸素を必要とする運動である

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

有酸素運動とは、多くの呼吸で必要とし、酸素を取り込む運動のことです。

例えば、ウォーキングやジョギングなど激しくない運動が、有酸素運動にあたりますね。

多くの酸素を必要としない激しい筋トレなどは、無酸素運動と呼ばれています。

脂肪を燃焼させるには、まずは有酸素運動を優先して行うようにしましょう。

スポンサーリンク

有酸素運動では、血液に含まれるエネルギーを使用するので、脂肪を燃焼しやすくなります。

もちろん食事制限でもダイエット効果は期待できますが、脂肪を燃焼させるには有酸素運動が最も効果的なのです。

 

②脂肪燃焼に効果的なオススメの有酸素運動4つ

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪を燃焼する効果が高い有酸素運動には、どんなエクササイズがあるのでしょうか?

以下に、脂肪燃焼の効果が期待できる、おすすめの有酸素運動をいくつかご紹介しましょう。

ウォーキング

日頃からあまり運動をしていない方は、まずは早歩きのウォーキングから始めましょう

ウォーキングなら運動が苦手な方でも、散歩のような感覚で歩くことができますね。

少し急ぎ目のペースで、なるべく止まらないように歩き続けるのがポイントです。

ジョギング

早歩きのウォーキングに慣れて来たら、マラソン感覚で走るエクササイズを始めてみましょう。

汗をかくことで新陳代謝が高まりますし、定期的に水分補給をすることで、血液や体液の流れを改善することができます。

夏の暑い日になると熱中症の危険がありますから、早朝や夜の時間に走るようにしましょう。

自転車運動

毎日の会社通勤やちょっとした移動に、自転車に乗るのも効果的なエクササイズです。

移動時間の短縮にもなりますし、長い距離を移動すればかなりの運動量になります。

ジムに行くと自転車運動のマシンがあるように、脂肪燃焼の効果は抜群の有酸素運動です。

スポンサーリンク

水泳

水泳は全身運動で運動強度も高いので、かなり脂肪燃焼の効果が期待できます。

泳げない人であっても水の中を長時間歩くだけで、ウォーキングよりも高い負荷をかけることができます。

水着を着ることで自分の体型を客観的に見るので、ダイエットのモチベーションを高めることもできます。

 

③20分以上続けると効果がアップする

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

有酸素運動をすればすぐに脂肪燃焼の効果が現れるというわけではありません。

有酸素運動は、一定のペースで長時間続けることで効果が現れる運動なのです。

では、どのくらい続ければ脂肪燃焼の効果が現れるのでしょうか?

一般的には、有酸素運動を続けて20分後から、効果的な脂肪燃焼が始まると言われていますよ。

ですから、少なくとも20分以上は有酸素運動を続けるようにしましょう。

有酸素運動は脂質を燃焼させる効果が高いですから、ダイエットをするならまずは取り入れてみましょう。

有酸素運動をすると同時に食事の管理もすることで、脂肪の燃焼を助けることができます。

 

④心拍数を管理すると効果がアップする

 効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪燃焼に優れている有酸素運動ですが、状況によってはなかなか痩せないこともあります。

脂肪を効率よく燃焼させるには、どのくらいの心拍数を維持しているかが大きく関係しているんです。

心拍数を理想の状態で管理することで、脂肪燃焼の効率が大きく違ってくるわけですね。

心拍数が低すぎると脂肪燃焼の効率が悪くなりますが、心拍数が高くなるとより痩せやすくなります。

脂肪燃焼が一番効率的にしやすいのが、人の最大心拍数の70%程度になります。

最大心拍数=220-年齢

最大心拍数を各自で割り出して、脂肪燃焼に最適な心拍数を保ちながら運動するようにしましょう。

 

3.組み合わせると脂肪燃焼に効果がある無酸素運動の基本

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

有酸素運動に無酸素運動を組み合わせることで、効果的に脂肪を燃焼することができます。

組み合わせると脂肪燃焼に効果がある無酸素運動について、ご紹介します。

 

①無酸素運動は酸素をあまり多く消費しない短期間の運動である

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

無酸素運動とは、運動中に酸素をほとんど使わないタイプの運動のことです。

例えば、筋トレや短距離走など、短時間で一気に行う運動が無酸素運動にあたります。

酸素を使わずにエネルギーを取り出すという意味で、無酸素と呼ばれているわけですね。

無酸素運動には、どんな効果があるのでしょうか?

無酸素運動は筋肉のエネルギーを使うので、筋肉を鍛えることでカロリーを消費することができます。

筋トレを取り入れることで筋力が増えるので、基礎代謝がアップして痩せやすい体質になりますよ。

最近の研究では、無酸素運動によって成長ホルモンの分泌を促す働きがあると認められています。

成長ホルモンには脂肪燃焼の効果があるので、結果としてダイエット効果が得られるのですね。

 

②脂肪燃焼におすすめの無酸素運動4つ

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪は燃焼して痩せたいけど、筋トレしてムキムキにはなりたくない女性も多いことでしょう。

シルエットに影響しない、細い体づくりができる無酸素運動をいくつかご紹介しましょう。

ペットボトルダンベル

ペットボトルに水を入れて、ダンベル代わりに使う筋トレの無酸素運動です。

500mlのペットボトルであれば重すぎないので、気軽に筋トレをすることができます。

小さくて軽すぎるように感じるかもしれませんが、繰り返すことで無理なく徐々に体を引き締めることができます。

スクワット

脂肪を燃焼するのに最も効果的な無酸素運動は、スクワットだと言われています

その理由は、太ももに筋肉が集中しているという理由があります。

スクワットは少ない回数でも運動強度が高く、筋肉増強の効果が期待できる運動です。

少なくとも一日に10回程度のスクワットをすることで、リバウンドしにくい体作りをすることができます。

チューブ運動

ゴムチューブを使って思いっきり引っ張ることで、筋肉を刺激する筋トレ方法です。

左右や上下、身体の前後ろと引っ張る場所を色々と変えることで、鍛えられる筋肉が違ってきます。

刺激を与えた筋肉には成長ホルモンの効果が期待できるので、鍛えたい部位を重点的に筋トレできます。

腕立て伏せ

体が反らないように、首から脚まで一直線の姿勢を保つことで、より効果的な腕立て伏せができます。

手は指先を内側に向けないように、前にまっすぐ置いて、胸が床につきそうになるまで下ろしましょう。

1セット10回、3セットを目安に筋トレします。

 

4.脂肪を効率よく燃焼させる運動のコツ

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

脂肪燃焼の効率を第一に考えたときに大事なポイントは、運動する順番です。

有酸素運動と無酸素運動はどちらを先にやるのが、より効率的なのでしょうか?

脂肪を効果的に燃焼してダイエットしたいなら、有酸素運動を優先して運動しましょう。

筋肉質になるためなら激しい筋トレには効果がありますが、筋肉がついても脂肪燃焼の効果はそれほどないんですね。

では、なぜ筋トレには脂肪燃焼の効果は限られているのでしょうか?

それは、無酸素運動は血液に含まれているエネルギーではなく、筋肉に蓄えられているエネルギーを使っているからです。

使っているエネルギーが違うので、血液に含まれるエネルギーを使用する有酸素運動が一番効果的な方法になります。

脂肪燃焼させたいなら、有酸素運動を優先しながら筋トレも取り入れるようにしましょう。

 

5.まとめ

効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動8つ

今回は、効率よく脂肪燃焼させるコツと、効果的な有酸素運動と無酸素運動についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

脂肪を効果的に燃焼させるには、有酸素運動と無酸素運動があることをご理解いただけたでしょう。

ダイエットには食事によるカロリー制限もありますが、脂肪を燃焼させなければ本当に痩せたことにはなりません。

運動して脂肪を燃焼させることによって、リバウンドしにくい体作りをすることができるのです。

ウォーキングやジョギング・水泳などの有酸素運動を積極的に取り入れることで、脂肪をきっちりと燃焼させることができますよ。

毎日の運動で脂肪をしっかり燃焼して、二度とリバウンドしないスマートな体を手に入れましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-ダイエット, 生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.