生活の知恵

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

更新日:

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

温泉や銭湯によくある水風呂が大好きという方は、少なくないことでしょう。

サウナに出入りしながら水風呂に入ったり、夏の暑い日に入ると気持ちいいですよね。

中には水風呂が楽しみで温泉に行くという方もおられるほどです。

スポーツや肉体労働の後などに水風呂に入る方もおられます。

水風呂は最初は冷たく感じますが、慣れてくると心地よくて長時間でも入れるようになります。

水風呂に正しい方法で入ることで、様々な効果・効能を期待することができるって知っていましたか?

一方で、間違った方法で水風呂に入ると、リスクやデメリットも多くなります。

では、水風呂にはどんな効果・効能があるのでしょうか?

また、水風呂の正しい入り方とはどんな方法なのでしょうか?

ここでは、水風呂で健康になるため、効果をしっかりと引き出す入浴方法についてご紹介していきます。

 

1.水風呂で健康になるための効果・効能の4つ

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

お風呂やサウナの後に入ると気持ちがいい水風呂には、どんな効果や効能があるのでしょうか?

それでは、さっそく驚くほど多彩な水風呂の効果・効能を4つ紹介したいと思います。

 

①免疫力をアップさせる効果がある

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

スポンサーリンク

水風呂には、免疫力を向上させる効果・効能があります。

水風呂に入って体が冷えると、体の表面は皮膚や毛穴を引き締めて、体温が低下するのを防ごうとします。

体内でも血管を膨張させて体温を上昇させようとするため、血行が内臓の働きを活発化して、免疫力を高めることができるんです。

では次に、免疫力がアップすると、どんな効果・効能があるのでしょうか?

免疫力がアップすることで、デトックス効果や冷え性改善、むくみ改善などの効果を期待できます。

サウナで体を温めてから水風呂に入ると、体の熱を逃がさないように毛穴が閉じるので、ぽかぽかと温かい状態を持続できますよ!

免疫力や代謝力が飛躍的にアップすると、腎臓の働きが活性化され、免疫機能を担う副腎が鍛えられて、風邪をひきにくくなるというわけですね!

副作用の心配は一切なく、花粉症、アレルギー、アトピー皮膚炎を改善する効果も期待できるというのですから驚きですよね。

このように、水風呂に入浴することで、あらゆる免疫力を高め、病気になりにくい健康な体作りができるのです。

 

②美肌とアンチエイジングの効果がある

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂には、美肌とアンチエイジングの効果・効能も期待できるんです。

年齢と共に肌がたるんできたように感じることってありませんか?

水風呂に入ると、冷たい水が皮膚や汗腺に刺激を与えて、毛穴と皮膚全体を引き締めてくれますよ。

体全体が引き締まると、肌のしわやたるみが目立たなくなり、潤いを保って若々しい美肌効果を期待できます。

水風呂で血流が良くなるとホルモンが分泌され、自律神経の働きを促進して、肌本来の力やツヤを引き出すのです。

水風呂にはアンチエイジング効果がありますから、肌の老化が気になってきた方にとっては嬉しい効果ですね。

新陳代謝が高まるので、肌の乾燥やニキビ、黒ずみなど肌のトラブルを改善して、肌を若返らせてくれます。

冷たい水に入ると毛穴が引き締まるため、抜け毛の改善まで期待できます。

スポンサーリンク

ただし、頭皮に皮脂や汚れがたまった状態では逆効果になりますから、頭皮が清潔な状態で水風呂に入りましょう。

 

③疲労回復とストレス解消の効果がある

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂には、疲労回復とストレス解消の効果があります。

最初は水が冷たく感じますが、慣れてくると気持ちよくなって、リラックスできますよね。

毎日の仕事や生活で、自律神経やホルモンバランスの乱れを感じることはありませんか?

水風呂には副交感神経を刺激して、自律神経の乱れを改善する効果があります。

自律神経を整えることで、うつ病や冷房病、不眠症も解消できるのです。

水風呂に入ると副腎に刺激を与え、利尿作用を活性化して、ホルモンバランスを整える効果も期待できるのです。

スポーツや肉体労働の仕事をすると、筋肉に老廃物や乳酸が増えて、疲労感が増す経験は誰でもしたことがあるでしょう。

水風呂に入ることで、毛細血管のポンプ作用が活発化して、疲労を回復することができますよ。

 

④脂肪を燃焼するダイエット効果がある

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂には、脂肪を燃焼するダイエット効果があります。

ダイエットしたいけど、運動はしたくないって思ったことありませんか?

そんなわがままを叶えてくれるのが水風呂のすごいところ!

実は水風呂には、スポーツするのと同じほどカロリーを消費する効果があるのです。

信じられませんよね?

冷たい水に入ると、体は通常の体温を維持しようと、脂肪を燃焼し始めます。

スポンサーリンク

また水風呂によって新陳代謝と内臓の働きが活性化すると、便秘を解消する効果を期待できます。

利尿作用が促進され、老廃物をスムーズに排出するデトックス効果も期待できるのです。

これらの相乗効果でダイエット効果を得ることができるわけですね!

では、水風呂に入るなら、どの時間帯が一番効果的なのでしょうか?

ダイエット効果を期待して水風呂に入るのであれば、朝起きた時間や朝食前がベストです。

朝起きた時間に入ることで、効率よく新陳代謝を高めて、免疫力や精神面をアップさせることができますよ。

水中で体が受ける圧力(静水圧)は約520gあるので、ウエストを3cmから5㎝ほど引き締めて、くびれを作る効果も期待できます。

水風呂の効果って、何だか良いことだらけに思えてきますね。

 

2.効果・効能を引き出す正しい水風呂の入り方

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

驚くほど多彩な効果と効能が期待できる水風呂ですが、正しい入り方とはどんな方法なのでしょうか?

それでは、効果・効能を最大限に引き出す、正しい水風呂の入り方について解説します。

 

①水風呂に入る前に体を温める

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

いきなり水風呂だけに入ると、体を冷やしてしまい、風邪をひいて体調を崩してしまうので避けてくださいね。

水風呂の効果・効能を安全に引き出すために、入浴する前に準備が必要です。

①水風呂に入る前に、サウナやお風呂の湯船で10分ほど体をしっかりと温めましょう。

②サウナやお風呂で体を温める前に水分を補給しておくと、脱水症状を防ぐことができます。

③サウナで体を温める場合は、90度から100度くらいの温度が適温です。

お風呂は40度から43度くらい、半身浴なら33度から36度くらいが適温です。

サウナから出たら、水風呂に入る前に汗をきちんと流して、マナーを守るようにしましょう。

 

②足先から少しずつ水風呂に入る

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

いきなり全身で水風呂に入ると、体への負担が大きくリスクがあるってご存知でしたか?

水風呂には、心臓から遠い足先からゆっくりとつかるのが、正しい入り方なのです。

足先が水の温度に慣れてきたら、次ふくらはぎ、太もも、下半身で水風呂に入ります。

最後は、お腹、手、腕、全身の順番で、肩までつかって全身浴をしましょう。

ポイントは、心臓の遠い部位から始めて、徐々に全身を冷やすことですね。

冷水シャワーや手桶で水をかけて、徐々に体を慣らすのも丁寧な方法です。

水風呂がどうしても苦手という方は、水着を着て入ることで体への負担を減らすことができるので一度試してみてくださいね。

他にも、冷水部分浴といって、足だけを水風呂に入れる方法もあります。

足部から体の上部へ循環や代謝を促して、自律神経や脳への血流を良くする効果が期待できます。

脳の血流が良くなると、脳へ酸素が運ばれて状態が良くなり、不眠症を改善する効果につながります。

いずれにせよ、いきなり全身水風呂に入るのは間違った方法ですから、足先から徐々に慣らすようにしましょう。

 

③水風呂の入浴は短い時間から始める

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂につかる時間の長さも重要です。

気持ちがいいからとあまりに長い時間入っていると、体の芯から冷やしてしまい、風邪や病気の原因になりかねません。

では、どのくらいの時間入るのが正しい方法なのでしょうか?

最初は30秒から1分ほど水風呂に入浴して、体を徐々に慣らすのが正しい方法です。

体が慣れてきたら、自分の体調に合わせて時間を5分、10分、15分と伸ばしてみましょう。

水風呂から上がったら、体が冷えすぎてしまわないように、体を温めてくださいね。

 

④水風呂とお風呂の交代浴を繰り返す

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂とお風呂に交互に入るのが効果的な方法で、交代浴または変温浴と呼ばれています。

交代浴はお風呂に10分ほど入って体を温め、次に水風呂で体を冷やす方法です。

交代浴は温泉療法の一つとも言われ、血管の拡張と収縮を交互に繰り返す効果があるんですよ。

交感神経が刺激されると自律神経の働きが高くなり、自律神経失調症や神経衰弱などの症状が改善できます。

お風呂と水風呂を繰り返すことで、低血圧や不眠症、頭痛、むくみを解消する効果も期待できます。

ただし、交代浴を繰り返す回数や時間が多ければ多いほど良いというわけではないので、やり過ぎには注意しましょう。

交代浴で大切なポイントは、最後に必ず水風呂か水のシャワーで終わることです。

お風呂で温めた体で水風呂に入ると、毛穴が引き締まり体内の熱を保温しようとするので、体がぽかぽかしてきますよ。

 

3.効果・効能がリスクに変わる水風呂の3つの注意点

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂には多くの効果・効能がありますが、入り方を間違えると危険やリスクはないのでしょうか?

それでは、水風呂の危険やリスクを避けるための注意点について説明します。

 

①水風呂で体調が悪化することがある

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂には様々な効果・効能がありますが、時には体調を崩すことがあるので注意しながら入浴するようにしましょう。

体調が悪い時に水風呂に入ると、ストレスが増えたり、発熱したり、ヒートショックで死亡することもあります。

高齢者、高血圧、心疾患、循環器系、不整脈、糖尿病など体調に不安のある方は、心臓や血管に負担をかける危険があります。

薬を継続して服用している方も、薬の副作用が出る可能性があるため、医者に相談しながら水風呂を利用しましょう。

急に全身を水風呂に浸すと、血圧や血流に急激な変化が起こり、自律神経が過剰に反応してしまうんですね。

心臓に負担をかけないように、心臓から遠い足先から入浴し、徐々に体を慣らすようにしてください。

 

②冷たすぎる水風呂は体に負担が大きい

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

水風呂の水温があまりに冷たすぎると、体に負担をかけるリスクがあります。

水風呂の最適温度は、16度から24度くらいで、これは水道水と同じくらいの温度ですね。

16度よりも冷たくなると、体への負担が大きくなり、体調を崩す危険があります。

冷たい水風呂に入り過ぎると、新陳代謝が悪くなったり、血行や代謝を下げてしまいます。

その結果、動脈血管内の脂肪が沈着してしまうので、これでは逆効果ですよね。

交代浴を繰り返す時には、適温で入浴するようにしましょう。

 

③飲酒や食事の後は血圧が上昇する

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

飲酒や食事の後すぐに水風呂に入ると、体調を崩す可能性があります。

お酒を飲むと血管が広がって血流が増えますが、水風呂に入って身体を冷やすと一気に血管が収縮するため、血圧が上昇します。

血圧が上昇して自律神経が過度に働くと、めまいがして倒れることがあるので注意しましょう。

食事をしてから水風呂に入りたい場合には、食後1時間ほどしてから入浴するようにしましょう。

お風呂と水風呂の交代浴をした後で、ゆっくりとお酒や食事を楽しむのがベストです!

正しい水風呂の入り方をしっかり理解して、多彩な効果・効能を最大限にいかしてくださいね。

 

4.まとめ

水風呂の効果・効能で健康になる!水風呂の効果を引き出す入浴方法

今回は、水風呂の効果・効能と正しい入り方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

水風呂には驚くほど多彩な効果・効能があることを、ご理解いただけたことと思います。

水風呂の正しい入り方を実践することで、免疫力をアップさせて、健康や美容などの効果・効能を期待することができます。

お風呂と水風呂の交代浴には、ダイエット効果ストレス解消の効果があるので、スポーツ感覚で楽しみましょう。

水風呂にはリスクや危険もありますから、体に負担をかけないように安全な入浴方法を実践するようにお勧めします。

水風呂には、驚くほど多彩な効果・効能が期待されています。

水風呂の交代浴を上手に生活に取り入れて、健康的な毎日を送るようにしましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.