掃除・片付け

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

投稿日:

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

乾燥する時期に役立てられる加湿器ですが、内部にカビが生えることがあります。

カビの発生した状態で加湿器を使い続けると、カビ菌をお部屋にばらまくことに。

加湿器のカビは何が原因で、どういった方法で対処すればいいのでしょうか?

今回は加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コについてご紹介していきます。

 

加湿器にカビが発生する原因3つ

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

水を使用する以上、加湿器のカビは避けにくい問題です。

具体的にどのようなことがカビの原因になるのでしょうか?

それでは、加湿器にカビが発生する原因についてご紹介していきます。

 

①加湿器の水をこまめに取り替えていない

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

加湿器を高頻度で稼働させない場合、給水タンクの水を取り替えず同じ水を使い続けていませんか?

給水タンクの水を取り替えずにいると、タンク内では雑菌がどんどん繁殖しカビが生えてしまいます。

そうならないよう、給水タンクの水が減っていなくてもこまめに水を入れ替えましょう。

中の雑菌をためないために、水を入れ替える時に給水タンクをすすぐのをオススメします。

少量の食器用洗剤を使ってすすぐとよりタンク内を清潔に保てます。

スポンサーリンク

 

②加湿器のフィルターやトレーの掃除を怠っている

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

加湿器のパーツのお手入れをサボるのもカビの原因になります。

  • フィルター
  • トレー
  • 給水タンク

これらのパーツは定期的に掃除しておきましょう。

フィルターは2週間に1度、トレーは1ヶ月に1度掃除をします。

給水タンクは毎日水を入れ替えるたびに掃除しましょう。

 

③浄水器を通した水を加湿器に使っている

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

「よりキレイな水で加湿したい」と考え、浄水器を通した水を給水タンクに入れていませんか?

浄水器を通した水は殺菌作用のある塩素が失われているため、雑菌が繁殖しやすくなります。

例えば飲み水にする水を浄水器で注げば塩素の臭いが消えおいしく飲めますが、加湿器に使う水は水道水の塩素をなくさない方がいいのです。

よかれと思ってやったことが、かえってカビをまねいてしまうのです。

また、ミネラルウォーターも塩素を含んでいないため、カビが発生しやすくなります。

 

重曹で加湿器のフィルターのカビに対処する手順3つ

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

実際加湿器にカビが発生してしまっても、対処する方法はあります。

例えばフィルターにカビが生えた場合、どうしたらいいでしょうか?

それでは、重曹で加湿器のフィルターのカビに対処する手順についてご紹介していきます。

 

①大きな容器で水と重曹を混ぜる

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

バケツなど、加湿器のフィルターが入りきる大きさの容器に水と重曹を入れます。

水1ℓに対し重曹を大さじ2杯入れ、よく混ぜ合わせましょう。

スポンサーリンク

 

②重曹水にフィルターを入れつけおきする

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

加湿フィルターを容器内の重曹水に入れ、1~2時間つけおきしてください。

2時間たっても落ちないカビがあれば、歯ブラシやたわしなどでこするとすぐ落ちます。

フィルターを傷つけないよう、軽くこすってくださいね。

 

③フィルターを水洗いして乾燥させる

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

重曹水からフィルターを取り出したら、水洗いします。

もし加湿器をその後すぐ使うなら、洗ったフィルターの水気を軽く切って加湿器に戻しても問題ありません。

しかしカビ対策の面では、乾燥させてから加湿器に戻すのが望ましいです。

 

重曹で加湿器のトレーのカビに対処する手順3つ

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

トレーにも水がたまるのでカビが生えやすいです。

水垢かと思ったらカビだった!というパターンも。

ピンク色の汚れがこびりついていたら水垢でなくカビの可能性が高いですよ。

トレーのカビはどういったやり方で掃除すればいいでしょうか?

それでは、重曹で加湿器のトレーのカビに対処する手順についてご紹介していきます。

 

①トレーの中で重曹と水を混ぜる

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

トレーに載ったフィルターや給水タンクを取り出し、中に重曹と水を入れます。

水100mlあたり重曹は小さじ2杯入れ、よく混ぜましょう。

スポンサーリンク

 

②つけおきし必要に応じて歯ブラシなどでこする

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

トレーの中で重曹水を作ったら、そのまま1時間ほどつけおきします。

落ちにくい汚れは歯ブラシやたわしでこすりましょう。

 

③トレーを水洗いして水気を取る

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

重曹水を出したらトレーを水洗いします。

洗い終わったら乾燥させてから加湿器に戻しましょう。

水気を残したまま加湿器に戻すと水垢やカビの原因になります。

 

重曹で加湿器の給水タンクのカビに対処する手順5つ

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

水をためておく給水タンクにもカビが生えることがあります。

時々中をのぞき込んで、カビが生えていないかチェックしておきましょう。

給水タンクに万が一カビが生えたら、どう対処すればいいでしょう?

それでは、重曹で加湿器の給水タンクのカビに対処する手順についてご紹介していきます。

 

①給水タンクの水をすべて捨てる

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

まず、給水タンクにもともと入っていた水を全部出してしまいましょう。

給水タンクも重曹水でつけおきするのですが、掃除する以上清潔な水を使った方がいいですよ。

長らくタンクに水をためたままなら、なおさら水を捨てましょう。

 

②給水タンクの中に重曹と水を入れ混ぜる

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

給水タンクの中で重曹水を作ります。

水1ℓあたり大さじ2杯の重曹を入れましょう。

重曹と水を入れキャップを閉めたら、何度か給水タンクをひっくり返して混ぜ合わせてください。

給水タンクいっぱいに水を入れてしまうと重曹が混ざりにくくなってしまうので、水の量はタンク8割ぐらいにとどめましょう。

 

③給水タンクを重曹水でつけおきする

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

重曹と水がよく混ざったら、そのまま1~2時間つけおきします。

その後重曹水を出し、給水タンク内に残っているカビを歯ブラシやスポンジでこすり取ってください。

 

④給水タンクのキャップを重曹水でつけおきする

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

キャップにもカビがみられた場合、同じく重曹水でつけおきします。

水100mlあたり重曹を小さじ2杯、小さめの容器に入れて混ぜます。

そのまま30分~1時間おいたら、スポンジなどでこすりながら水洗いしてください。

キャップをつけおきする場合、給水タンクをつけおきしている間にやっておくとタンク洗浄後すぐキャップを使うことができます。

 

⑤給水タンクを水洗いし乾燥させる

加湿器にカビが発生する原因と、重曹でカビを撃退する手順14コ

仕上げに給水タンクを水ですすぎます。

水気のある状態が続くとカビをまねくので、加湿器に戻す前に逆さに置いて乾燥させましょう。

キャップもつけおきした場合も同じく水洗いし乾燥させます。

 

まとめ

蒸気を出す加湿器にカビ取り剤を使うのは安全上抵抗がありますよね。

今回は加湿器にカビが発生する原因と重曹でカビに対処する手順14コについてご紹介しました。

重曹は人体に安全なので、加湿器のパーツの掃除に使っても安心です。

カビ菌の含まれた蒸気を室内にばらまかないためには、フィルターや給水タンクをよくチェックしておきましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-掃除・片付け

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.