生活の知恵

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

更新日:

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

小さいお子さんのいる方や、キレイな空気の中で過ごしたいという方なら購入しておきたい空気清浄機。

実際、空気清浄機を置いておくことでどのような効果が望めるのでしょうか?

今回は空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つをご紹介します。

 

空気清浄機の設置で期待できる効果2つ

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

一般家庭でもオフィスでも、空気清浄機を置いている所は多いです。

今や空気清浄機はありふれた家電の1つとなりましたが、どのような働きがあるのでしょうか?

それでは空気清浄機の設置で期待できる効果についてご紹介していきます。

 

①細かい汚れやアレルゲンを吸いこむ

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気清浄機はほこりやカビといった細かい汚れ、花粉やダニの死骸などアレルゲンを吸いこむ集じん効果があります。

スピーディーに空気中の汚れを取り除きたいという方は、最大風量の数値が大きい空気清浄機を選びましょう。

最大風量は「風量○㎡/分」というふうにカタログなどに記載されています。

風量の数値が大きいほど室内の空気のお掃除が早く終わります。

空気中の汚れの中でも、どのようなものが吸いこめるかは取りつけるフィルターの性能に左右されます。

除去したい汚れに合った機種を購入しましょう。

スポンサーリンク

 

②タバコなどによる室内の嫌な臭いを取り除く

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気清浄機にはタバコやペットなどの嫌な臭いを除去する脱臭効果もあります。

しかし、空気清浄機は本来空気中にただようほこりや花粉を取り除くための機器

異臭を減らす機能はついていますが、臭いを完璧に消すなどとびきり高い脱臭機能は望めません。

嫌な臭いを消すという目的がメインなら、空気清浄機より脱臭機を使うのが好ましいです。

タバコの煙に関しては臭いを減らすことが可能というだけで、有害物質である一酸化炭素などは空気清浄機では除去できません。

 

集じん、脱臭以外の効果を持つ空気清浄機2つ

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気清浄機の中には集じん効果、脱臭効果に加えもう1つ機能が備わったものがあります。

どういったタイプの商品があるのでしょうか?

それでは集じん、脱臭以外の効果を持つ空気清浄機についてご紹介していきます。

 

①加湿機能付き空気清浄機で湿度を保つ

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気の乾燥する冬場は加湿機能があると便利ですよね。

しかし湿度の高い夏場は加湿機能の出番はほぼありません。

シーズンオフの時期に空気清浄機能のみを動かすことはできるかどうかを確かめて購入しましょう。

 

②イオン発生空気清浄機で空気を除菌&消臭する

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

イオンを発生させるタイプの空気清浄機もあります。

放出されるイオンによって、空気中のウイルスを除菌したり嫌な臭いを消臭する効果が期待できます。

イオン発生器を置くだけでも除菌、消臭効果は望めますが、もっと空気をキレイにしたいという方はイオン発生空気清浄機がオススメです。

スポンサーリンク

 

空気清浄機の効果を実感しやすくなる使い方5つ

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気清浄機を置いているのに、いまいち空気がキレイになった気がしない。

こんな時は使い方を工夫する必要があります。

では、空気清浄機の効果を引き出すにはどうすればいいでしょうか?

それでは空気清浄機の効果を実感しやすくなる使い方についてご紹介していきます。

 

①エアコンや扇風機と併用し空気の循環を良くする

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気をよく循環させると、汚れた空気が次々空気清浄機の方へ回っていきほこりやチリを吸いこんでもらうことができます。

エアコンや扇風機を一緒に使うことで空気の循環が良くなり、汚れた空気がどんどん浄化されます。

その際、エアコンや扇風機の風が空気清浄機に当たらないよう気を付けてください

空気清浄機の多くはセンサーで空気の流れを感知し、運転をコントロールしています。

エアコンや扇風機の風が空気清浄機に当たると、センサーが室内の空気の流れをうまく把握できません。

風が直接当たらない場所を選びましょう。

 

②障害物のない場所に空気清浄機を置く

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

壁やソファなど障害物の前に空気清浄機を置いていませんか?

空気清浄機のまわりに色んな物があると、空気がうまく循環しません。

特に、汚れた空気を吸いこむ吸気口とキレイな空気を出す噴出口の前に障害物があると、空気のお掃除ができません。

吸気口と噴出口のある方向については、最低でも30cm以内の範囲には物を置かないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

③定期的に空気清浄機のお手入れをする

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

空気清浄機もエアコンと同じくお手入れが必要です。

内部のフィルターにほこりが詰まっていると機能が十分に発揮できません。

2週間~1ヶ月に1度はフィルターを取りはずし掃除しましょう。

掃除機でフィルターのほこりを吸いとるだけでも使用感が違ってきます。

もし詰まったほこりがうまく取れなくなったら、フィルターの取り換えどきです。

 

④空気清浄機を24時間休みなく稼働させる

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

外出時や就寝時、空気清浄機のスイッチを切ってしまってはいませんか?

1日に何度もスイッチを入れたり切ったりするよりも、24時間ずっと稼働させた方がより確実に空気をキレイにできます

「電気代がもったいない!」と思うかもしれませんが、1ヶ月稼働させっぱなしにしたとしても電気代はせいぜい150円程度です。

これはどのメーカーの空気清浄機も大して差はありません。

花粉症やインフルエンザの流行る時期ならなおさら24時間休まず動かすのをオススメします。

 

⑤目に見えるほこりはできるだけ掃除する

空気清浄機で得られる効果と、効果を実感しやすくなる使い方9つ

「空気清浄機がほこりを吸いこんでくれるから」とお部屋のお掃除をサボっていませんか?

ネット上でたまに「空気清浄機を置いても効果が実感できない」という意見がみられますが、そもそもお部屋の掃除が行き届いていないというケースが少なくありません

お部屋が汚いことで、空気清浄機が細かいほこりを吸いこんでくれていても気づかないのです。

床に掃除機をかけたりテレビ台をぞうきんで水拭きしたりと、目に見えるほこりに関してはできる限り自力で対処しましょう。

 

まとめ

今回は空気清浄機で得られる効果と効果を実感しやすくなる使い方9つをご紹介しました。

空気清浄機を使用したことで花粉症やハウスダストによる鼻炎が和らいだ、嫌な臭いが気にならなくなったというケースはあります。

期待した効果が得られるよう、置く場所に気をつけたり定期的にお手入れしましょう。

商品によっては空気清浄機が自動的にフィルターを掃除してくれるタイプもあるようです。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.