掃除・片付け

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

投稿日:

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

毎日のお料理でだんだん汚れてくるガスコンロ。

油などがひっきりなしにはねる場所なのですが、ついつい掃除を後回しにしてしまう所でもあります。

気がつくと、濡れぶきんでこすっても汚れが取れない状態になっちゃいますよね。

今回はガスコンロの掃除方法汚れを落とす身近なアイテム2つをご紹介します。

掃除中誤って火をつけないよう、あらかじめ元栓を閉めておいてください

 

ガスコンロの汚れが落ちにくい理由2つ

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

ガスコンロは色んなきっかけで汚れてしまいます。

お料理や食器洗いでバタバタしていて、日頃なかなかガスコンロに注意を向けるのが難しいですよね。

でも気が付いたら茶色い汚れがべったり。

こすってもこすっても落とすのが難しいです。

①油は残りやすい

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

ガスコンロの汚れの要因は、はねた調味料やスープのふきこぼれ。

そして何より、日々の料理で使うが主な汚れの原因なのです。

油は水分と違い、ティッシュで拭きとっても完全には落ちません。

スポンサーリンク

はねた油をすぐ拭いてキレイにしたつもりでも、油はわずかに残っているのです。

②油がガチガチに固まり層になる

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

油は空気に触れると酸化します。

酸化するにつれ固まっていき、最終的にはガチガチになってしまいます。

最初少しこぼれた油が固まり、その上にまた油がこぼれて固まり…といった形で油の層が作られていきます。

少しの油汚れがどんどん積み重なり、気がつく頃には頑固なギトギト汚れができあがってしまうのです。

こうなってしまうと爪でガリガリ引っかいてもなかなか取れません。

 

食器用洗剤でガスコンロを掃除する方法2つ

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

普段食器洗いで使う洗剤はガスコンロの掃除にも使えます。

ガスコンロの油汚れは酸性なので、弱アルカリ性の洗剤を使うと汚れが中和され落ちやすくなります。

洗剤のボトルに液性が表記されているので、そこを見てみましょう。

食器洗いのついでにガスコンロの掃除もしてみてはいかがでしょう。

①食器用洗剤とスポンジでこする

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

スポンジに食器用洗剤をつけ、軽く泡立てます。

それでガスコンロの汚れをこすりとりましょう。

五徳は外した方が掃除しやすいです。

こすり終えたら、濡れぶきんで洗剤の泡を拭きとります。

スポンジを泡立てすぎると、どこに汚れがあるのか見えづらくなります。

スポンサーリンク

後で泡を拭きとるのも大変になってしまうので、泡立てるのはほどほどに。

②頑固な汚れは歯ブラシでこする

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

スポンジでも落とし切れない汚れは歯ブラシを使って落としましょう。

歯ブラシなら範囲の狭いバーナー部分も掃除できますね。

 

重曹でガスコンロを掃除する方法2つ

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

お菓子作りなどに使う重曹はアルカリ性

酸性の油汚れを落とすにはもってこいのアイテムです。

重曹は身体に無害なので、洗剤を使うのに抵抗がある方も使ってみてください。

①重曹で汚れを浮かせる

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

重曹は水で溶かさず、粉の状態で使います。

汚れのあるところに重曹を振りかけ、20分ほどおきます。

するとガチガチに固まっていた油汚れが浮き上がり、落としやすくなるのです。

その後はキッチンペーパーやティッシュで拭きとりましょう。

重曹の白い跡が残ったら濡れふきんで拭きます。

②しつこい汚れは重曹ペーストで落とす

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

頑固な汚れは重曹をペースト状に溶かして使いましょう。

特に汚れが頑固になりがちな五徳の掃除にオススメです。

スポンサーリンク

重曹ペーストは重曹と水を3:1の割合で混ぜ合わせて作ります。

それを歯ブラシにつけて、汚れた部分をよく磨きます。

その後はキッチンペーパーと濡れぶきんで重曹ペーストを拭きとりましょう。

 

アルミ素材のガスコンロで気を付けたい2つのこと

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

お家で使っているガスコンロがアルミ素材だという方はいらっしゃいますか?

アルミ素材の場合、注意していただきたいことが2つあります。

上記でご紹介した掃除方法を試す前に、必ずこちらを読んでおいてください。

①アルカリ性のものと相性が悪い

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

アルミ素材にアルカリ性のものが触れると腐食する恐れがあります。

腐食した部分は黒く変色してしまい、元には戻りません。

よって弱アルカリ性の食器用洗剤やアルカリ性の重曹は、アルミ素材のガスコンロに適していません。

救済措置として中性の食器用洗剤で代用するという方法があります。

弱アルカリ性の洗剤より若干洗浄力が劣りますが、食器用洗剤は油汚れに対応できるように作られているのでガスコンロの汚れもある程度対処できます。

②細かい傷がつく恐れがある

ガスコンロの掃除方法!頑固な汚れを落とす身近なアイテム2つ

重曹を用いた掃除方法を試した場合、重曹の研磨作用によってガスコンロに細かい傷ができることがあります。

ペーストにした重曹でこすった場合はもちろん、粉のままの重曹を用いた場合でも拭きとる時に摩擦で傷つく恐れがあります。

重曹の研磨作用は、クレンザーなどの研磨剤と比べると決して強くはありません。

しかし、うっかり強くこすると小さい傷ができる可能性は十分にあるのです。

 

まとめ

今回はガスコンロの掃除方法汚れを落とす身近なアイテム2つをご紹介しました。

食器用洗剤と重曹があればしつこい汚れに対処できるのです。

覚えておいていただきたいのは油汚れは酸性、そしてそれに対処できるのはアルカリ性であること。

ガスコンロだけでなく、そのまわりの壁にも油汚れがあったらぜひ試してみてください。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-掃除・片付け

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.