子供・教育

共働きの子育てをするママへ!仕事と子育て両立の7つのコツは?

投稿日:

共働きの子育てをするママへ!仕事と子育て両立の7つのコツは?

共働きで働く世帯は現在とても多くなっています。

その負担の多くは、ママが背負っているのではないでしょうか?

共働きで子育てをするということは、実際に経験してみないと、その大変さはわからないものですね。

とにかく時間が足らないということに加えて、体力も必要となります。

しかし、できるなら笑顔で仕事と子育てを両立したいですね。

そこで今回は、共働きのママが仕事と子育てを両立させるための7つのコツについてご紹介していきます。

 

共働きママと子供の関係を良好にを保つの3つのコツ

共働きの子育てをするママへ!仕事と子育て両立の7つのコツは?

自宅に帰れば夕飯の準備や洗濯物・部屋の片付けなど、家事は山のようにあり、なかなか子供のことに手が回らないこともあるでしょう。

しかし、仕事や家事が忙しいからと言って、子供のことをおろそかにはできませんよね?

では、子供との関係を良好にするためにできることはどんなことがあるでしょうか。

ここでは、共働きママと子供との関係を良好に保つ3つのコツについてご紹介していきます。

 

①「~しながら」コミュニケーション時間を持つ

なかなか時間が取れず、子供とコミュニケーションが不足していると感じているのであれば、「~しながら」の時間で子供と話をしていきましょう。

夕食の準備や家事をしながら、食事をしながら、お風呂に入りながらなど、何かをしながら話をすることは無理なくできると思います。

多くの時間は取れませんが、こうした「~しながら」コミュニケーションをとる時間を意識的に作ることで、この時間はママと話がをする時間という習慣ができます。

スポンサーリンク

子供からなかなか話かけてこないのであれば、こちらからどんどん話題を振ってみることも大切です。

「今日は友達と何をして遊んだの?」「今度のお休みはどこへ行こうか?」など、話をするきっかけをこちらから作るということも、子供とのコミュニケーションをとるためには大切です。

ほんの数分であっても、その日の様子や、子供の気持ちなどが確認できますので、貴重な時間も有効に使いましょう。

 

②忙しくても子供の話を聞く

子供からママに話しかけて来たら、忙しいからと言って後回しにせず、その場で話を聞いてあげてみましょう。

たとえ忙しい朝や夕方だとしても、まずは用件を聞くことが大切です。

もし話が長くなりそうな時には、途中で切り上げて「これが終わった後で続きは聞くね」と伝えて下さい。

すぐに「忙しいから後でね」と言われ続けると、子供から話をしなくなってしまいます。

実際に話をしてみると、1分程度で終わる話のことがほとんどです。

思うより短い時間で話が済みますし、そうすることで子供は満足をするのです。

あなたの話はちゃんと聞くよという態度を示してあげることが重要です。

少しでもいいので、話を聞くようにしましょう。

そしてもちろん、後回しにした話は、用事が済んだ後にちゃんと続きを聞いてあげて下さいね。

 

③キッズ携帯やママ友のネットワークで放課後の様子を確認する

学校が終わった後の放課後から、自分が帰宅するまでの時間帯は、子供が何をしているのか心配ですよね。

そんな時に頼りになるのは、キッズ携帯です。

キッズ携帯を持たせていることで、子供からのメールを仕事中でも確認できますし、こちらからメールで連絡することもできますので安心です。

GPS機能もあるので、どこにいるかも確認できるので心強いですね。

また、ママ友とのつながりも大切です。

ママ友と繋がっていれば、情報交換をすることもできますので、もし子供が喧嘩などをした後でもフォローをすることができます。

スポンサーリンク

こうした繋がりを持つためには、ある程度のお付き合いも大切になってきますね。

 

家事・子育てをしながら仕事もしっかりこなす2つのコツ

共働きの子育てをするママへ!仕事と子育て両立の7つのコツは?

働いていると仕事の手を抜くことはできませんね。

しかし、最低限の家事はしなければなりません、子供が突然熱を出した時などには仕事を休まなければならないこともあるでしょう。

ここでは、家事や子育てをしながらも仕事をこなすための2つのコツについてご紹介していきます。

 

①忙しい朝でも余裕を作って出勤する

共働きのママにとって、朝は戦争のように忙しい時間ですね。

限られた時間の中で、家事や子供への声掛けもしなければなりません。

できれば、朝は余裕をもって過ごしたいものです。

そのためには、夜のうちにできる家事を済ませておくこともひとつの方法です。

たとえば、洗濯物は前の晩に洗濯機をまわして干しておくと、朝の家事も楽になるでしょう。

お弁当の下ごしらえも夜のうちに済ませておくことで、朝の時短に繋がりますね。

着ていく服や子供の持ち物チェックなども済ませておけば、朝の時間にバタつくこともなくなり、イライラすることもありません。

忙しい朝を余裕をもって過ごすことで、出勤を早めることもでき、仕事が上手く回るようになってきます。

朝の時間を余裕をもって過ごすことのメリットは大きいですよ。

 

②子供の突然の病気に慌てないよう仕事の備えをする

子供は突然熱をだしたり病気になったりするものですね。

もちろん、普段からの健康管理も大切ですが、いくら気を付けていても子供は急に体調不良を起こすこともよくあることです。

そんな時に、仕事に迷惑をかけるのは気が引けるものです。

スポンサーリンク

できれば、会社の人には迷惑をかけないよう、その日の仕事はその日のうちに完結をしておくようにしましょう。

また、突然休みをとらなければならなくなった時でも、仕事を引き継ぐ人がわかりやすいよう、どこに何があるのか、何をしなければならないのかを分かりやすく整理しておくことも大切です。

こうした突然の事態になっても、いつでもそれを覚悟して考えて仕事をすすめていれば、慌てなくても済むようになるでしょう。

 

子育て中でもママがプライベートを笑顔で過ごす2つのコツ

共働きの子育てをするママへ!仕事と子育て両立の7つのコツは?毎日毎日、仕事と家事と子育てで大変ですが、やはり常に笑顔でいたいものですね。

ここでは、子育て中でもママがプライベートを笑顔で過ごす2つのコツについてご紹介します。

 

①1人の時間をもってリフレッシュをする

どんなに忙しくても、いつも笑顔でいるためには、やはりリフレッシュは大切です。

そのためには、家族から離れて1人の時間を作ることも必要です。

たまには、家事をパパに任せて職場の同僚や友人と食事などを楽しむといった時間を作るようにしましょう。

仕事のストレスや家庭でのイライラなども、こうした時間を作ることで心もリフレッシュすることができますね。

ゆっくりと美容院へ行ったり、ネイルサロンに行くなど、自分のための時間も大切にしていくようにしましょう。

 

②子供と同じ趣味を持って一緒に楽しむ

休日はできるだけ子供と過ごしたいですね。

しかし、自分の楽しみの時間をとることも、日ごろ疲れを癒すためには大切です。

そこで、子供と同じ趣味を持って一緒に楽しむこともしてみましょう。

たとえば、子供と一緒にスポーツを楽しむという趣味を持てば、日ごろのストレス解消にもなります。

音楽や絵画教室など、子供と一緒に通うなんというのも良いですね。

親子のコミュニケーションも取れて、一石二鳥ですよ。

 

まとめ

共働きの子育てをするママへ!仕事と子育て両立の7つのコツは?

共働きのママは、何かと忙しいものですが、ちょっとした工夫と心がけで、心の余裕が出来たり、子供とのコミュニケーションが取れるものです。

時間を有効に使いつつ、仕事もこなすことは不可能ではありません。

しかし、時には自分の時間を作ることも大切ですね。

毎日忙しい日々だと思いますが、ぜひ参考にして、仕事と子育ての両立をしていってくださいね。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-子供・教育

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.