子供・教育

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

投稿日:

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

今の時代、子供のいる家庭ではゲームの所有率は90%となっており、ほとんどの家庭で何らかのゲーム機があるという状況です。

このような状況ですから、幼児期からゲームに触れる機会が多くなっているでしょう。

しかし気になるのは、子供とゲームの付き合い方です。

親として、子供にどうゲームと付き合わせればいいのか、考えていかなければなりません。

そこで今回は、幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問、ルールや注意点についてご紹介していきます。

 

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問とは?

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

多くの家庭で幼児のころからゲーム機に触れる機会が多いからこそ、気になることも多いですね。

ここでは、幼児がゲームをすることで気になる3つの疑問についてご紹介してきます。

 

①ゲームのし過ぎは良くないこと?

幼児期の子供には、さまざまな経験を身体で体感させることが大切です。

そのため、ゲームに多くの時間を費やしてしまうのは、子供の成長を妨げることもあります。

ゲームが必ずしも悪だということはありませんが、ゲームをする時間については考えていく必要があるでしょう。

ゲームをする時間をきちんと決め、ゲームが生活の中心とならないように注意をしていきましょう。

特に、年齢が低いほど親がしっかりとゲームの仕方について誘導していくことが大切です。

 

②ゲームが幼児に与える影響は?

ゲームが悪影響をあたえるということについては、あるとも言えますしないとも言えます。

スポンサーリンク

しかし、ゲームの内容によっては残虐なものもありますので、あまりショッキングなシーンがあるようなゲームは幼児期のゲームとしては良くないでしょう。

ゲームソフトを選ぶときには、パッケージの対象年齢が子供に合っているものか、またゲームの内容が子供に適切なものなのかどうかを、親がしっかりと確認することが必要です。

インターネットでゲームソフトのレビューなどをチェックすることも大切ですね。

 

③ゲームをすることでのメリットはあるの?

ゲームをすることでのメリットとしては、家族で対戦したり一緒に遊んだりすることで、コミュニケーションツールとなることでしょう。

身体を使ったゲームもありますので、雨の日に家族で楽しむことのひとつとして使用するのも良いですね。

また、ゲームソフトによっては、頭を使って考えるような学習機能の付いているものもありますので、好奇心を刺激しながら楽しめることもメリットと言えます。

 

幼児がゲームをする上でルールは必要なの?

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

ゲームの低年齢化が進んでいる今、幼児がゲームと上手に付き合うためのルール作りはとても大切です。

幼児のうちは、親の言うことに対して素直に聞いてくれることも多いので、幼児期のうちにきちんとゲームと付き合う上でのルールを徹底しておくと良いでしょう。

成長するにしたがって、ルール作りは難しくなってきますし、ゲームに依存してしまうことも少なくありません。

早いうちに付き合い方を学んでおくことが必要です。

 

幼児がゲームをする上で行ってほしい3つのルールとは?

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

ゲームをする上では、自宅でゲームをするときはもちろんこと、お友達の家庭などへの配慮も忘れてはいけません。

ここでは、幼児がゲームをする上でやってほしい3つのルールについてご紹介してきます。

 

①ゲームをする時間のルール

まず、ゲームをする時間を決めるということが大切です。

ズルズルとゲームをし続けるというのは、特に年齢が低い幼児期には感心しません。

ゲームをしていい時間帯と1日何時間までという使用時間を決めるようにしましょう。

たとえば、幼稚園に行く前の朝の30分だけというのも良いですし、夕飯前の30分だけというのも良いでしょう。

スポンサーリンク

時計をさして、「長い針がここまできたら、ゲームは終わりにしようね」という感じで誘導すれば、時計の見方の勉強にもなりますね。

 

②約束を守れなかった時のルール

ゲームについての約束が守れなかった時のルールもきちんと決めておきましょう。

たとえば、「時間がきてもゲームをやめなかった時は、明日はゲーム禁止」というように、子供にわかりやすいルールにすると良いですね。

子供が泣いてせがんでも、親が折れないようにすることも必要です。

 

③外出時のゲーム持ち出しのルール

ゲームを持っていない友達と遊ぶときは、ゲームを使用しないといった配慮も必要です。

また、外へ出かけるときにはゲーム機を持ち出さないというルールにするというのも良いでしょう。

どこでならゲームをしていいのか、してはいけないのかということを、しっかりと理解させることが大切です。

 

幼児にゲームをさせる時に注意したい3つポイント

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

ゲームで遊ぶことについてのルールを決めたのであれば、親もゲームに対しての扱い方を気をつけなければなりません。

ここでは、幼児にゲームをさせる時に注意したい3つポイントについてご紹介してきます。

 

①ご褒美にゲームをやらせないこと

何かのご褒美としてゲームをさせるということは、あまりオススメではありません。

ご褒美の交換条件でゲームをすることを許してしまうのは、せっかく決めたゲームに対してのルールが守られないことになってしまいます。

ゲームのルールは一度決めたら、しっかりと守らせるということが大切なのです。

 

②ゲームの内容を知っておくこと

ゲームの内容を知らずに子供に与えることの無いようにしましょう。

特に幼児期にふさわしくないものには注意が必要ですね。

ゲームの内容を知るためには、事前に調べることも大切ですが、一緒に遊んでどんな内容なのかを親が理解しておきましょう。

一緒に遊ぶことで、親子のコミュニケーションの時間も取れますね。

スポンサーリンク

 

③親の都合でルールを変えないこと

ゲームに対してのルールをしっかり決めたのですから、親の都合でルールを変更することの無いようにしましょう。

たとえば、自分の友だちが遊びに来たときなど、静かに遊んでいてほしいからといって、ゲームをしてもいい時間ではないのにゲームにお守をさせてしまうのは感心しません。

こういったことがあると、子供は混乱をしてしまいますし、ゲームのルールは破ってもいいんだと思ってしまうことにもなりかねません。

親の都合とルールを混同しないように注意しましょう。

 

まとめ

幼児がゲームをする上で気になる3つの疑問って?ルールや注意点は?

幼児期は多感な時期ですので、たくさんの好奇心があります。

そんな中でゲームというのは刺激がありますので、とても魅力的なツールになるでしょう。

しかし、ゲームばかりしていると、ゲームに依存をしてしまう可能性もありますね。

ゲームと上手に付き合うためには、家庭できちんとしたルールを決めて、それを守って行うということが大切です。

また、ゲームだけでなく、子供の好奇心を満たすような遊びもたくさんさせてあげることが、幼児期には必要です。

身体を使って外で遊んだり、手先を使って折り紙をしたりなど、さまざまな工夫でゲームだけに頼ることなく多くの経験をさせてあげましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-子供・教育

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.