料理・レシピ

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

投稿日:

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

バラ肉にロース肉、薄切りにブロック肉、トンカツ用……など種類が豊富な豚肉。

特に薄切り肉などは、スーパーでパック単位で特売されているので、購入する機会も増えますよね。

まとめ買いして冷凍保存している方も多くいらっしゃると思います。

ですが、冷凍した豚肉を自宅で食べてもいまいち美味しくないという声もあるようです。

もしそう感じている方がいらっしゃったら、一度冷凍・解凍方法を見直してみませんか?

いつものやり方を変えるだけで、豚肉の美味しさに違いが出るかも知れません。

ここでは、豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限、冷凍したお肉の解凍方法についてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧になって下さい。

 

豚肉を美味しく保つ「冷蔵保存方法」とは?

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

普段はなんとなく色や匂いで食べられるかどうかを判断しますが、実際の消費期限はどれぐらいなのでしょうか?

豚肉の冷蔵保存と消費期限について、次で詳しくご説明します。

 

豚肉を冷蔵保存する時のポイント

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

買ってきた豚肉を長持ちさせるには、できるだけ空気に触れさせないことが大事です。

なので、パックで購入したものは一度パックから取り出し、ラップで包んでから冷蔵庫に入れのがおすすめです。

この時、豚肉からドリップ(薄い赤色の水分)が出ていたらキッチンペーパーで丁寧に拭き取って下さい。

スポンサーリンク

ラップで包んだ豚肉を、フリーザーバッグやタッパーなどの密閉容器に入れてから冷蔵庫に入れると完璧です。

ただし、挽き肉に限ってはもともと消費期限が短い上に空気に触れる面が多いので、この方法はおすすめできません。

挽き肉の場合は、購入したその日に使い切るか、冷凍保存してしまいましょう。

 

冷蔵保存した豚肉の消費期限は?

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

基本的に、肉類は空気に触れている面が多いほど傷みやすいです。

なので、挽き肉 → 薄切り肉 → 角切り肉 → 厚切り肉 → ブロック肉の順で消費期限が短くなります。

冷蔵保存した豚肉の消費期限の目安

  • ブロック肉・・・3~4日
  • 厚切り肉・角切り肉・・・3日
  • 薄切り肉・・・2日
  • 挽き肉・・・1~2日

冷蔵庫のチルド室に入れておくならプラス1日ぐらいは長持ちするでしょう。

 

豚肉の正しい「冷凍保存方法」とは?

豚肉が余った時やすぐに食べないのであれば、悪くならないうちに冷凍保存するのがおすすめです。

長期保存ができていつでも好きな時に食べられるので、食事の支度が楽になります。

きちんとした手順で冷凍したお肉は、解凍しても美味しく頂くことができるんです。

 

豚肉を冷凍保存する時のポイント

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

豚肉を冷凍保存する方法は、基本的には冷蔵保存とほとんど代わりません。

冷凍する時のポイントはこちらです。

  • ラップで包んでからフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて冷凍します。
  • あらかじめ使いやすい分量に小分けしておくと便利です。
  • まとめてたくさん冷凍するよりも、少量に分けた方が解凍する時間が短くなります。
  • 冷凍庫に入れる時は、金属パットに乗せるなどして急速冷凍するとさらに美味しさを保てるようになります。

豚肉を冷凍保存する時は、なるべく早く凍らせることが大切です。

凍るまでに時間がかかると、豚肉の細胞が破壊されて水分が出てしまい、解凍時にドリップが生じてしまいます。

ドリップがたくさん出てしまったお肉は、旨みが逃げて美味しくありません。

小分けした豚肉をできる限り急速冷凍するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

 

冷凍保存した豚肉の消費期限は?

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

冷凍保存した豚肉は、冷蔵に比べると保存期間がぐんと伸びます。

ブロック肉などは、約1ヶ月間もの長期保存が可能になるのです。

しかしながら、冷凍している間にどんどん品質が落ちてしまうのは避けられませんので、できるだけ早く食べるに越したことはありません。

消費期限はあくまでも目安として、時々冷凍庫を覗いてみて肉の状態が悪いようでしたら、食べ切るようにしましょう。

冷凍保存した豚肉の消費期限の目安

  • ブロック肉・・・1ヶ月
  • 厚切り肉・角切り肉・・・3週間
  • 薄切り肉・・・2~3週間
  • 挽き肉・・・2~3週間

 

冷凍保存した豚肉の解凍方法は?

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

冷凍した豚肉を食べる時は、解凍方法がとても重要です。

お肉にはいろいろな解凍方法がありますが、やり方によって味や品質に差が出てきます。

主な解凍方法をご紹介しますので、状況に合わせて解凍方法を選んで下さい。

また、肉類は完全に解凍してしまうと旨みが抜け出てしまうので、半解凍が理想です。

少し指で押してみて、肉の芯が少し残っている状態を目標にしましょう。

 

1.冷蔵庫に移して自然解凍する

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

冷凍保存した豚肉を一番美味しく頂けるのはやはり自然解凍です。

調理する前日、または数時間前に冷蔵庫に移動して解凍しておきます。

豚肉に限らず、肉類を美味しく解凍するには低温でゆっくりと時間をかけるのがポイントなんです。

急激に肉の温度を上げて解凍すると、ドリップと呼ばれる薄い赤色の水が出てきます。

スポンサーリンク

ドリップには旨み成分や栄養素が詰まっているので、ドリップが流出すればするほどパサパサで旨みのない豚肉になってしまうのですね。

冷蔵庫での自然解凍は、低温で解凍できるので雑菌が繁殖する心配もなく、衛生面でも安心できるのでおすすめです。

自然解凍のメリット

  • ドリップの流出を抑えて美味しく解凍できる。
  • 冷蔵庫に移すだけなので手間がかからない。

自然解凍のデメリット

  • 数時間~半日近くかかるため、時間がない時には不向きである。

 

2.氷水を使って解凍する

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

自然解凍と同じぐらいおすすめなのが、氷水を使った解凍方法です。

  1. 大きめのボウルや鍋に、たっぷりのお水と氷を入れておきます。
  2. 冷凍した肉をフリーザーバッグやビニール袋に入れて完全に密閉して、氷水に浸します。
  3. お肉が浮いてくる時は、重しなどをして抑えて下さい。

この方法ですと、1~2時間ほどで解凍できますし、ドリップの流出も最小限に抑えることができます。

なぜ冷たい氷水で豚肉の解凍ができるのでしょうか?

答えは氷水の温度にあります。

氷水というのは冷たいようで実はマイナスではなく、1℃ほどなのです。

そして凍った肉類の温度は-3℃から0℃なんですね。

つまり、お肉よりも氷水の方が温度が高いので十分解凍ができるのです。

しかも、空気よりも液体の方が熱伝導率が高いので、氷水に浸す方が自然解凍よりも早く解凍できるのですね。

急ぎで解凍したい場合は、ぜひこの氷水解凍をお試し下さい。

氷水解凍のメリット

  • 自然解凍よりも早く解凍できる。
  • ドリップの流出を最小限にして解凍できる。

氷水解凍のデメリット

  • 大量の氷を準備する必要があり、若干の手間がかかる。

 

3.水道の水で流水解凍する

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

自然解凍や氷水解凍がおすすめですが、どうしても最低1時間以上は時間がかかってしまいます。

さらにお急ぎの時は、流水解凍という方法があります。

やり方はとても簡単で、ボウルやお鍋にビニール袋などで密閉した凍った豚肉を入れ、水を流しっぱなしにしてかけるだけです。

豚肉の形状にもよりますが、20~30分で解凍できます。

流水解凍も、お肉の内側と外側の温度差が少ないのでドリップを抑えつつ解凍できます。

ですが、水を出しっぱなしにしなければならないので、エコの面や経済的に優しくないというデメリットが生じます。

流水解凍のメリット

  • 数十分で解凍できるので急ぎの時に便利
  • ドリップの流出もある程度防ぐことができる

流氷解凍のデメリット

  • 水を出しっぱなしにするので水道代がかかる。

 

4.電子レンジの解凍機能を使う

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

本当に急ぎの時、それこそ今すぐに調理したいという時は、電子レンジの解凍機能を使うほかありません。

お皿にキッチンペーパーを敷いて凍った豚肉を乗せ、レンジで加熱していきます。

この時、解凍機能がついているレンジであればできるだけ解凍モードを使用して下さい。

あたためモードでは一気に加熱されてしまうため、豚肉に火が通ってしまいます。

また、解凍モードを使用する際も、スイッチを入れてから放置せず、時々取り出して様子を見ながら解凍するようにしましょう。

途中で豚肉をひっくり返してあがると、加熱ムラを防いで均一に解凍することができます。

電子レンジでの解凍は、どうしてもドリップの流出を避けられないので、解凍方法としてはあまりおすすめできません。

本当に急いでいる時のみ使用し、それ以外の時はできるだけ他の方法をお試し下さい。

電子レンジで解凍するメリット

  • 数分で解凍できるので急ぎの時におすすめ

電子レンジで解凍するデメリット

  • 加熱ムラがおこりやすく、注意しないと肉に火が通ってしまう。
  • ドリップが出てしまうのでどうしても味が落ちてしまう。

 

5.常温で放置しながら解凍する

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

凍った豚肉を冷凍庫から取り出して、そのまま室内に放置する常温解凍というやり方もあります。

解凍方法としては一番簡単なので、実践している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

肉類を解凍する際、常温解凍はおすすめできません。

凍ったお肉と室内の温度差があるため、ドリップが流出しやすく、旨みが全部抜け出てしまいます。

また、冬場ならまだしも、暖かい時期に室内に豚肉を放置するのは安全面でも危険です。

雑菌が繁殖しやすく、豚肉が傷んでしまう可能性があります。

基本的に常温解凍は避けるようにし、他の解凍方法にチャレンジしましょう。

常温解凍のメリット

  • 解凍方法としてのメリットは特にない。

常温解凍のデメリット

  • ドリップがたくさん出るので肉の旨みが抜けてパサパサになりやすい。
  • 肉が傷みやすく衛生面での不安がある。

 

結局どの解凍方法がおすすめなの?

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

各解凍方法のポイントをまとめてみましたので、参考までにご覧下さい。

解凍するまでの時間 美味しさ おすすめ度
自然解凍 ×
氷水解凍
流水解凍
レンジでの解凍
常温解凍 × ×

いろいろな解凍方法をご紹介してきましたが、美味しさを一番に考えるのであれば自然解凍か氷水解凍がおすすめです。

電子レンジでの解凍は、時間に余裕がない時のみに留めておきましょう。

 

まとめ

豚肉の冷蔵・冷凍保存方法と消費期限│冷凍した豚肉の解凍方法とは?

豚肉の冷蔵保存方法とさまざまな解凍方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のポイントはこちらです。

  • 冷蔵庫に入れた豚肉の消費期限は1~4日。空気に触れている面が多いものほど短い。
  • 冷凍した豚肉を解凍する際は半解凍が理想。肉の芯が残っている状態で調理する。
  • 解凍方法の中でおすすめは自然解凍か氷水解凍。常温解凍は避ける。

冷凍した豚肉が美味しいかどうかは解凍方法で決まるといっても過言ではありません。

解凍が上手くできないとお悩みの方は、今回の記事を参考にぜひお試し下さい!

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-料理・レシピ

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.