子供・教育

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

投稿日:

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

子供の教育費の準備は、子供がいる家庭では大きな課題のひとつですね。

特に大学に進学するときの教育費用が、最も負担が重くなります。

もちろん、大学の教育費を全て貯金で準備できれば良いのですが、公立で自宅から通うとしても約240万円、自宅外から通う事になると約500万円ものお金が必要となります。

私立大学へ進学となると、さらに必要な教育費は多くなるでしょう。

では、子供の教育費はいつからどれくらい準備すれば良いのでしょうか?

そこで今回は、子供の教育費についての貯金方法や資金作りの方法について解説していきます。

子供の大学資金はいつからどれだけ貯金すればいい?

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

子供の大学資金を貯金するのであれば、子供が生まれたらすぐに始めるのが一番良いでしょう。

もちろん、妊娠中から貯めていくのも良いですね。

最も教育費のかかる時期は、大学へ入学してからの4年間となります。

この時までにある程度のまとまったお金を貯めていくことが必要です。

先にもお伝えしたように大学の4年間で、公立の大学で自宅から通うことをになると約242万円、私立文系の場合には386万円、私立理系の場合には521万円ものお金がかかります。

 

自宅外から通うとなると、月に平均7万円の仕送りとなっているので、4年間で約336万円となります。

公立で自宅外から通うことを考えた場合には、約500万円程度の教育費を準備する必要があるでしょう。

スポンサーリンク

500万円の教育費を貯めるには、子供が生まれてから18年の間、毎月23,000円の積み立てをしていけばいいことになります。

負担が大きいと感じるのであれば、毎月20,000円程度の貯金をしていくことで、約400万円は貯めることができる計算となります。

約400万円あれば、私立文系の大学費用は確保できることになります。

最低でも、このラインを目指すと良いでしょう。

 

高校の教育費の貯金をするオススメの方法

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

高校の教育費を捻出することも気になりますね。

基本的には、毎月の生活費でやりくりすることが理想ですが、できれば毎日の生活に負担がかからないお金は貯めておきたいですね。

しかし、高校の教育費は「児童手当」を貯金していくことで十分に準備ができます。

現在の児童手当は、年収960万円の所得制限にかからない場合には、次の金額が支給されています。

  • 3歳未満:15,000円
  • 3歳~小学生:10,000円
  • 中学生:10,000円

この金額を全て貯金していくことで、全部で198万円が貯金できるということになります。

高校の3年間で必要となる教育費は、公立だと平均116万円、私立で平均289万円となっていますので、公立であれば塾の費用までカバーできることになりますし、私立でも2/3は準備が可能となります。

児童手当は生活費に充てるのではなく、高校の教育費のために貯めていくことが理想です。

 

子供の教育費を強制的に貯金する有効な手段とは?

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

子供の教育費を貯金するためには、生活費が余ったら貯金しようと思ってもなかなかできないものです。

そこで、強制的に貯金をしていくことがオススメです。

教育費を強制的に貯金する有効な手段としては、2つの方法があります。

  • 給料からの天引き
  • 口座からの天引き

では、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

 

給料から強制的に天引きする

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

スポンサーリンク

勤務先に財形制度があるのであれば、給料から強制的に天引きをして貯金をすることができます。

給料から先に貯金が引かれてしまうので、確実に貯金をすることができますね。

財形には、一般財形住宅財形などがありますが、住宅財形は住居の取得費用のためのものになりますので、教育費の貯金には一般財形を利用しましょう。

こうした財形制度は、申し込みの時期や解約の時期が限られていますので、簡単にお金を引き出せないという点がポイントです。

また、住宅財形を上手に利用する方法もあります。

住宅財形は、利息にかかる税金が非課税となるのです。

もちろん、住宅関連以外が使用目的の場合には、課税されてしまうのですが、積み立てをしてから5年を過ぎると、住宅関連以外が目的であっても非課税となるのです。

ただし、住宅取得のために利用したいという場合には、貯金が混同してしまう可能性もありますので、その場合には一般財形を利用した方が良いでしょう。

 

口座振替で強制的に貯金する

勤務先に財形制度が無い場合には、銀行の自動積立定期預金を利用するのが良いでしょう。

自動積立預金は、給料の振込口座から直接口座振替で引き去りされるように設定することで、自動的に積み立てをすることができます。

特に、給料が支給される日やその翌日などに引き去りされるように設定することで、確実に教育費の貯金をしていくことが可能ですね。

 

子供の教育費の貯金には学資保険はお得?

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

子供の教育費を貯金をするときには、学資保険を利用するという選択肢もあります。

保険料という形で支払いが発生するので、契約した場合にはきちんと支払う義務が発生し、強制的に教育費を貯金できますね。

では、子供の教育費の貯金に学資保険はお得なのか、そのメリットとデメリットを見ていくことにしましょう。

 

学資保険のメリットとデメリット

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

moonpie / Pixabay

学資保険は、その名の通り、子供の教育費を貯金することを目的としている保険です。

学資保険のメリットについては、教育費を貯めながら、契約者である親の保障もついていることです。

スポンサーリンク

契約者が万一死亡した場合には、それ以後の保険料は免除されつつ、学資金は通常通り貯まるという仕組みになっています。

親に何かあっても、子供の教育資金の貯金は確実にできるというところが、大きなメリットと言えるでしょう。

では、デメリットはあるのでしょうか?

それは、契約者の保障が大きな時、例えば大きな病気になった時の保険料免除をする、契約者が死亡した時には育英年金が支給されるなどの特約が付いている場合には、保険の意味合いが強くなるため、払い込んだ保険料よりも戻ってくる学資金の方が少なくなる場合もあることです。

つまり、返戻率が100%とならない学資保険もあるのです。

しかし、学資金に重点を置いた商品もあり、返戻率が良いものもありますので、選択をするときには十分検討をする必要があります。

学資保険以外で貯金できる商品もある

学資保険以外にも教育費として利用できる保険商品としては、「低解約返戻型終身保険」というものがあります。

この商品については、基本的に終身保険であり、終身保険の解約返戻金に貯まるお金を教育費として利用するというものになります。

ただし、商品によっては元本割れする場合もありますので注意も必要です。

このような低解約返戻型終身保険や学資保険などを教育費の貯金として利用するのであれば、保険の専門家にきちんと説明をしてもらい、その内容に納得した上で契約することが大切です。

 

教育費を貯金するためにできること

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

子供の教育費を貯金していくには、ある程度のお金を生活費から工面して貯金に回していく必要があります。

しかし、貯金に回す余裕がない!ということもありますね。

そんな場合に、教育費を貯金するためにできることはあるのでしょうか?

 

生活費で削減できるものはない?

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

まず検討してほしいのは、生活費で削減できるものはないかという点です。

特に生活費で大きな割合を占める「固定費」を節約することで、生活費の削減は可能となります。

固定費とは、住宅ローンや家賃などの住居費・ガスや電気などの公共料金・スマホやインターネットなどの通信費・保険料など、毎月決まった額が支払われるもののことです。

こうした固定費を節約することで、長期的に考えると大きなお金が生まれることになるでしょう。

たとえば、家賃がワンランク低いところに引越しする、またスマホの料金や保険を見直すなどの方法で、月に1万円~2万円は浮かせることが可能です。

見直すときには面倒ではありますが、一度見直しをすれば、その効果は継続することになりますので、とても効果的な節約方法なのです。

こうして浮いたお金を、子供の教育費のために貯金をすることができますね。

 

子供の教育費を助ける制度を利用することも考えよう

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

毎月教育費として貯金をしていっても、どうしても資金が足らないということも出てくるでしょう。

そんな時には、奨学金制度というものもあります。

奨学金制度には、返済しなくてもいいタイプものもありますが、基本的には返済する必要があるタイプの奨学金を利用することがほとんどでしょう。

また、所得制限や子供の成績などによっては利用できない場合もあるので注意が必要です。

しかし、奨学金を上手に利用することで、足らない資金の確保をすることは可能です。

こうした制度については、早めにどのような内容でいくら借りられるのかなどを調べておくようにしましょう。

 

まとめ

子供の教育費はどう貯める?将来の学費に備える貯金方法とは?

いかがでしたか?

子供の教育費を貯金していくためには、毎月2万円の貯金をしていくことで、大学入学時には約400万円のお金を貯めることが可能となります。

その方法は、財形制度を利用する、自動積立預金を利用するなどがありますが、学資保険の利用も検討してみましょう。

どの方法が自分には向いているのかを考えて、貯金の仕方を選択すると良いですね。

また、貯金をするために生活費の節約も必要となってくる場合には、固定費の見直しをすることも考えてみて下さい。

子供にはできるだけ自分の行きたい進路を進ませてあげたいものですね。

そのためには、やはりお金が必要となります。

子供が進路を我慢することの無いように、教育費の準備は早めに始めることが大切ですね。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-子供・教育

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.