ダイエット 料理・レシピ 飲み物

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

更新日:

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつは天然の健康食と呼ばれるほど、たくさんの栄養素があるって知ってますか?

はちみつと聞くと、美容や健康など体に良いイメージはありますよね。

実際、はちみつには驚くほど豊富な栄養素が含まれています。

でも、はちみつは甘いので、カロリーが高そうなイメージってありませんか?

では、はちみつにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

また、カロリーはどのくらいなのでしょうか?

ここでは、はちみつの栄養とカロリーについて、以下のポイントをまとめてみます。

  • はちみつに豊富な栄養素が含まれているのはどうして?
  • はちみつに含まれる豊富な栄養成分とは?
  • はちみつのカロリーって高くないの?
  • はちみつの栄養素を上手に摂取する食べ方とは?

今回は、はちみつに含まれる栄養成分とカロリーについて、ご紹介したいと思います。

 

はちみつに豊富な栄養素が含まれているのはどうして?

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

では、はちみつに沢山な栄養素が含まれて、健康や美容に良いのはどうしてでしょうか?

ここでは、はちみつに豊富な栄養素が含まれる理由について、ご紹介したいと思います。

 

①500の花から蜜を集めている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつに栄養素が豊富に含まれているのは、500もの花から蜜を集めているからです。

働きバチが花の蜜を採りに行き、1回の飛行で500もの花を巡って蜜を持ち帰っています。

スポンサーリンク

500の花ってすごい数ですね。

ミツバチが好んで訪れる花の種類は世界中に4000種以上あると言われています。

日本ではレンゲ、アカシア、トチ、みかん、ソバの花などが有名です。

花の種類によって、はちみつの栄養素や味わい、香りが異なっています。

では、1回の飛行でどのくらいの蜜の量が集められるのでしょうか?

1回の飛行で、40mgもの花蜜で胃(蜜のう)をいっぱいにして巣に持ち帰ります。

これはなんと、ミツバチの体重の約半分もの重さなのです。

1匹が一生かかって作るはちみつの量は、ティースプーン一杯に満たないくらいです。

そう考えると、はちみつって貴重で、働きバチに感謝ですね。

 

②花粉に栄養が含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつに栄養があるのは、花粉に栄養成分が含まれているからです。

ミツバチは花の蜜だけでなく、花粉を集めて巣に持ち帰ってきます。

花が咲く春から秋の季節には、花畑と巣箱を何往復もして重たい蜜や花粉を運びます。

では、はちみつの中にどのくらいの花粉が入っているのでしょうか?

はちみつ1g中に3~20万個もの花粉が入っていると言われています。

はちみつに豊富な栄養素が含まれている秘密は、この花粉にあるのです。

花粉は植物の生殖細胞で、他の器官の細胞とは比べて非常に多くの栄養素があります。

花粉は、体内に吸収されやすいイオンの形で、はちみつ中に溶け込んでいるのです。

スポンサーリンク

 

③栄養成分を効率よくエネルギーに変える

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには、栄養成分を効率よくエネルギーに変える性質があります。

すぐにエネルギーとして使えるため、胃や腸に負担をかける事もありません。

はちみつの主成分はこれ以上分解する必要のない単糖類で、消化吸収に優れています。

この性質のおかげで、はちみつの栄養素を効率よく体内に取り込まれます。

砂糖と比べてみると、どう違うのでしょうか?

砂糖の場合、糖類を分解する際にビタミンB1やカルシウムを使って、消化吸収されます。

はちみつの場合は、大切なビタミンB1やカルシウムを消費する事がありません。

疲れた時や運動中に脳を助け、長く効率よく働くエネルギーを補給できるのです。

 

はちみつに含まれる豊富な栄養成分とは?

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつは天然の健康食と呼ばれるほど、非常にたくさんの栄養素が含まれています。

ここでは、はちみつにどのような栄養素が含まれているか、ご紹介したいと思います。

 

①ブドウ糖と果糖が含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつにはブドウ糖と果糖が含まれていて、優れたエネルギー源となっています。

はちみつの原料は花の蜜ですが、その約8割を占めるのがブドウ糖と果糖です。

ブドウ糖と果糖は、はちみつの種類によりますが、だいたい半分ずつの割合で含まれています。

では、ブドウ糖と果糖にはどんな特徴があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ブドウ糖と果糖は単糖類と呼ばれ、これ以上分解される必要がありません。

食後約20分くらいで体に吸収され、エネルギーに変換されるので、胃腸への負担も軽くてすみます。

果糖は、吸収される速度がゆっくりなので、緩やかに血糖値を高める作用があります。

脳のエネルギー源はブドウ糖だけで、はちみつは脳へのエネルギー供給に優れています。

はちみつのブドウ糖は、体に吸収されると肝臓に運ばれてグリコーゲンになります。

ただし、摂りすぎて肝臓が処理しきれないと、脂肪になってしまいますから注意しましょう。

 

②ビタミンが含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつにはビタミンが含まれていて、美容や健康に効果があります。

はちみつに含まれる良質で天然のビタミンは、花粉に由来するものです。

美肌に良いとされ、人間の生命活動に必要な栄養素を摂取することができます。

ビタミンを含んだ花粉含有量の多い天然のはちみつをオススメします。

ビタミンは、活性型と不活性型に大別できるって聞いたことがありますか?

人工で作られたサプリメントのビタミンは不活性型で、多量に摂取する必要があります。

はちみつのビタミンは活性型で、少量でも安定して働いてくれます。

はちみつのビタミンは、90%以上が良質な活性ビタミンだと言われています。

ビタミンは、熱を加えると壊れてしまうので、非加熱の天然はちみつをオススメします。

 

③ミネラルが含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには、ミネラル成分が含まれています。

はちみつの色は、はちみつに含まれるミネラル分に由来しています。

色が濃いほど、ミネラルの多いはちみつと言えます。

ミネラルに含まれるマグネシウムや鉄分は、健康的な血液循環に必要な栄養素です。

はちみつに含まれるミネラル分の内、特に多いのがカリウムです。

カリウムは、余分な塩分を体外へ排出する働きがあり、高血圧を抑える働きをします。

 

④ポリフェノールが含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには、ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには、活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われています。

活性酸素は、様々な疾患を引き起こしたり、細胞を破壊し老化を早める働きがあります。

つまり、はちみつを食べることで、血栓をサラサラにして、動脈硬化を予防してくれるのです。

ポリフェノールのアンチイジング効果で、体の中から若返りましょう。

 

⑤アミノ酸が含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには、アミノ酸が含まれています。

どうして、はちみつに含まれるアミノ酸が体に良いのでしょうか?

人間は細胞を新しく生まれ変わらせることで、生命活動を維持しています。

その材料となるのがアミノ酸で、体にとっては非常に大切な栄養素です。

アミノ酸が不足すると、疲れが取れなかったり、肌荒れが気になったりします。

タンパク質は、20種類のアミノ酸で構成されます。

人間が体内で合成できないアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれています。

トレオニン、リジン、トリプトファン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、メチオニン、イソロイシン、ヒスチジンの9種類です。

必須アミノ酸は食物から摂るしかないので、はちみつを食べるのが最適なのです。

 

⑥酵素が含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには、酵素が含まれています。

はちみつ中の酵素は、みつばち由来の天然酵素です。

働きバチの唾液に含まれる酵素が加わって、花蜜が成熟したハチミツになるのです。

酵素はタンパク質からできていて、生命に必要な体内の化学変化を促進する物質です。

はちみつの天然酵素には、アミラーゼ(ジアスターゼ)、ホスファターゼ、カタラーゼ、マルターゼ、サッカラーゼ(インべルターゼ)などがあります。

サッカラーゼは、ショ糖である花蜜を分解して、はちみつのブドウ糖と果糖に変えてくれます。

天然酵素は熱に弱いため、非加熱の天然はちみつをオススメします。

 

⑦有機酸が含まれている

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには、有機酸が含まれています。

はちみつに含まれる有機酸の内70%が、グルコン酸です。

グルコン酸は、ブドウ糖がミツバチの酵素で酸化された糖酸の一種です。

グルコン酸は、有機酸の中で、唯一大腸まで届く性質があります。

その結果、善玉菌を増やして、悪玉菌を抑えるという整腸作用が期待できるのです。

 

はちみつのカロリーって砂糖よりも低いの?

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつに栄養があることは分かりましたが、やっぱりカロリーって気になりますよね?

ここでは、はちみつと砂糖のカロリーを比較して、ダイエットの効果があるかを解説します。

 

①はちみつは砂糖よりも低カロリー

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつはとても甘いので、カロリーが高くて太りそうなイメージってありませんか?

でも実は、はちみつのカロリーは砂糖よりも低いので、ダイエット効果が期待できます。

はちみつと砂糖のカロリーを比較してみると、どう違うのでしょうか?

  • 砂糖のカロリーは100gで384kcal
  • はちみつのカロリーは100gで294kcal

高カロリーの砂糖をはちみつに置き変えるだけで、体脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。

ダイエット中でも甘いものを我慢する必要はありませんし、何と寝ている間に痩せられるのです。

 

②はちみつは砂糖より3倍甘い

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつの甘さは、砂糖の3倍もあるってご存知でしょうか?

はちみつは、砂糖の3分の1の容量で、ほぼ同じ甘さが感じられます。

つまり、はちみつ小さじ1杯強と、砂糖大さじ1杯が、ほぼ同じ甘さになるのです。

  • はちみつの甘味は砂糖の3倍
  • 砂糖の3分の1の量で同じ甘さ

はちみつならではのとろみが、砂糖よりやさしい味わいを作り出しています。

料理やお菓子作りをする際には、砂糖よりカロリーを抑えめに甘さを出すことができます。

健康のために、砂糖をはちみつで代用してみることをおススメします。

 

③はちみつは砂糖よりもGI値が低い

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつは、砂糖と比べて太りにくいと言われますが、どうしてだと思いますか?

その理由は、はちみつのGI値が砂糖よりも低いからです。

GI値とは、グリセミック・インデックスの略で、血糖値の上昇度合いのことです。

GI値の数字が高いほど血糖値は急に上がり、数字が低いほど血糖値はゆるやかに上がります。

では、はちみつと砂糖に、どれほどGI値の差があるのでしょう?

  • はちみつのGI値は85
  • 砂糖のGI値は110

はちみつは、砂糖よりもGI値が低いので、血糖値の上昇がゆるやかだと言えます。

なぜ、血糖値がゆるやかに上がる方が太りにくいのでしょう?

それは、インスリンと関係があります。

血糖値が急激に上がるほど、インスリンが大量に出て、脂肪が作られやすくなります。

はちみつの場合は、血糖値がゆるやかに上がるので、脂肪のできる割合が低くなるのです。

食べ過ぎには注意が必要ですが、GI値が低いはちみつの方が太りにくいと言えます。

 

はちみつの栄養素を上手に摂取する方法とは?

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

では、どうすればハチミツの栄養素をより効果的に摂取できるのでしょうか?

ここでは、低カロリーで栄養満点のハチミツの食べ方について、ご紹介したいと思います。

 

①非加熱の生はちみつを単独で食べる

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつの栄養を上手に摂取する方法は、非加熱の生はちみつを単独で食べることです。

どうして、非加熱の生はちみつを食べるのでしょうか?

はちみつには、熱を加えると純粋な栄養素が壊れてしまうという特徴があります。

そのため、熱いものに入れたり、調理したりすることは控えるようにしましょう。

はちみつの栄養を最大に吸収できるのは、空腹時に食べることです。

ただし、分量は毎日ティースプーン3杯までにしておきましょう。

はちみつは砂糖に比べて低カロリーですが、肥満の原因になりますから摂り過ぎに注意しましょう。

 

②はちみつレモンでストレス解消

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつには脳を穏やかにする効果があるので、ストレス解消にも効果的です。

はちみつレモンを飲むと、良い睡眠が得られると言われています。

はちみつレモンの作り方レシピは、以下の通りです。

  • レモン4個用意する
  • レモンの3倍量のはちみつを用意する
  • はちみつを保存容器の中へ入れる
  • 輪切りにしたレモンを軽く絞ってはちみつと混ぜる
  • よく混ぜたら冷暗所で保存する
  • 一ヶ月は保存が効きます
  • はちみつレモンをお湯で割って飲む

 

③はちみつ大根で喉の痛みを軽減

低カロリーって本当?驚くほど豊富なはちみつの栄養成分とは?

はちみつ大根には殺菌効果があり、咳止めの効果があります。

風邪などで喉の痛みがひどい時や、口内炎ができた時などに試してみましょう。

うがい時に水に少量のはちみつを混ぜるだけでも殺菌効果があります。

はちみつ大根の作り方レシピは、以下の通りです。

  • 4分1にカットした大根
  • 180~200gのはちみつ
  • 大根の皮をむいて1cm角にカット、容器に大根を入れる
  • 大根を入れた容器にはちみつを投入する
  • 蓋をし、冷蔵庫に保管しながら大根の水気が抜けきるのを2~3日待つ
  • 水気の抜けた大根を取り出して完成

 

まとめ

今回は、はちみつの栄養成分やカロリーについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

はちみつには、驚くほど多くの栄養素が含まれていることをご理解いただけたことと思います。

はちみつの甘さで太ってしまいそうですが、砂糖よりカロリーが低いというのは驚きでしたね。

はちみつを食べることで、体に必要な多くの栄養成分を摂取することができます。

疲労回復や美容効果がありますし、ダイエットやアンチエイジングができるのもうれしいですね。

はちみつレモンやホットミルク、はちみつ大根は美味しいですから、ぜひ試してみてください。

運動や肉体労働の後にも、はちみつドリンクを飲んで体を回復させてみましょう。

天然で純粋のはちみつを選ぶことで、効果・効能を最大限に引き出すことができます。

はちみつから栄養をしっかり取り入れて、体を内側から健康にしていきましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-ダイエット, 料理・レシピ, 飲み物

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.