料理・レシピ

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

投稿日:

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

肉類の中でも特によく購入するものといえば、やはりひき肉ではないでしょうか。

毎日のご飯やお弁当でも、ひき肉料理の登場頻度は多いと思います。

脂身が苦手だったり、鶏肉が苦手だったり、人によってお肉の好き嫌いはありますが、ひき肉が苦手という話はあまり聞いたことがありませんよね。

そんな人気のひき肉、どんどん料理して食卓に登場させたいのですが、賞味期限が短くて傷みやすいのが困りもの。

冷蔵庫に入れておくと、あっという間に劣化してしまいます。

そんな時におすすめなのが、ひき肉を冷凍保存しておくこと!

冷凍してしまえば、賞味期限を気にすることなく好きな時に使えて便利なんです。

今回は、ひき肉の正しい冷凍保存方法や調理方法、冷凍保存したひき肉を使った美味しいレシピをご紹介していきます。

 

ひき肉を冷凍保存するメリットとは?

1.長期保存が可能になる

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ひき肉は肉の種類の中でも最も傷むのが早く、冷蔵庫で保存した時の賞味期限は2~3日です。

空気に触れている部分が多く酸化しやすい上に、水分も抜けやすいので、美味しく頂くなら買ってきたその日のうちに食べるのがベストと言われています。

しかし、冷凍保存すると賞味期限は2~3週間になるのです。

期限内に食べきるのってなかなか難しいですし、パックで購入すると余ることも多いですよね。

冷蔵庫に入れておけばどんどん傷んでしまうので、新鮮なうちに冷凍しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

2.使いたい時にいつでも使える

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ハンバーグに麻婆豆腐にミートソースに…さまざまな料理に大活躍のひき肉が常に冷蔵庫に入っていたら助かりますよね。

今すぐ使いたいという時に冷凍保存しておいたひき肉があると、わざわざ買いに行かなくても済みます。

また、買い物に行く時間がない時や急にお弁当が必要になった時など、ひき肉があれば何とかなるもの。

そぼろを作ればそれだけでお箸がすすむおかずになりますね。

ひき肉はストック食材として非常に優秀ですので、冷凍しておけば力強い味方になってくれること間違いなしです。

 

3.家計の節約になる

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

お肉の中では比較的安価のひき肉ですが、それでも通常時と特売日では値段に大きな差があります。

特に豚ひき肉や鶏ひき肉などは、100gあたり30~50円ほど違ってきますよね。

今すぐ使う予定がなくても、安売りの時にまとめ買いして冷凍しておけば、家計の節約に繋がります。

捏ねたり炒めたり詰めたりと、ひき肉の汎用性は抜群なので、「安売りを見かけたら買っとけ」と考えて損はないと思います。

 

ひき肉の正しい冷凍保存方法とは?

ひき肉を冷凍保存したら変色してしまった、あまり美味しくなかった、という経験がある方はいらっしゃいませんか?

一口に冷凍保存するといっても、そのやり方によって冷凍時の品質に差が出るのです。

ひき肉を美味しく長持ちさせる冷凍保存方法をご説明しましょう。

 

1.鮮度の良いひき肉を選ぶ

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

当たり前のことですが、冷凍する前に鮮度が悪くなっているものは冷凍保存に向きません。

賞味期限や状態を確認して、少しでも悪くなっているようであれば冷凍は避けた方が無難です。

ひき肉の状態を確認するポイントは次の通りです。

スポンサーリンク

  • ひき肉にツヤがあって色がくすんでないものを選ぶ。牛ひき肉は赤、豚ひき肉はピンク、鶏ひき肉は薄いピンクで、色が鮮やかなものがよい。
  • 赤い液体=ドリップが出ているものは避ける。
  • できれば「解凍」されたひき肉ではないもの。合挽き肉などは解凍品も多いので注意する。

 

2.小分けにして冷凍保存する

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ひき肉に限らず、肉類を冷凍する時は小分けにするのがおすすめです。

まとめて冷凍してしまうと使う時に大変ですし、冷凍するのに時間がかかると品質が落ちてしまいます。

  1. 使いやすい分量に分けて平らにする。
  2. ぴったりラップで包む。
  3. フリーザーバッグに入れてできるだけ空気を抜いて冷凍庫へ。

これがひき肉を冷凍する時の基本になります。

フリーザーバッグに一気に入れて平らにし、菜箸などで筋をつけて冷凍する方法もあります。

使う時は、凍ったものをパキンと手で割って使えるので楽チンですね。

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

 

3.できるだけ空気に触れないようにする

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

肉類の中でも特に傷みやすいひき肉は、少し空気に触れただけでも酸化してしまいます。

空気に触れている時間をなるべく短くするため、手早い作業を心がけましょう。

ラップで包む時も、空気が入らないように真空状態になるよう注意して下さい。

さらにフリーザーバッグに入れた後も、ストローなどを使って可能な限り空気を抜きましょう。

冷凍している間に空気に触れてしまうと、品質が落ちる原因となってしまいます。

以上のことから、パックごと冷凍するのは絶対やってはいけないことです。

ひき肉がパックの中に入っている空気に触れて酸化し、冷凍焼けを起こしてしまいます。

冷凍保存する時は、多少面倒でもパックから取り出してから冷凍するようにしましょう。

 

4.急速冷凍をすると品質がよくなる

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

スポンサーリンク

肉類や野菜は、冷凍庫に入れてから凍るまでの時間にどんどん細胞が壊れていきます。

特に家庭用の冷凍庫はパワーが足りないため、凍結するまでに細胞がたくさん破壊されて、ドリップが出やすくなってしまうのです。

ドリップとはお肉の旨味成分を含んだ赤い液体のことで、この量が多いほどお肉の美味しさが失われてしまいます。

それを防ぐためには、急速冷凍するのが一番なんです!

ご家庭の冷蔵庫に急速冷凍モードがあればベストですが、なければ金属パッドを利用しましょう。

フリーザーバッグの下に金属パットを敷くだけで、冷凍するまでのスピードが変わりますのでぜひお試し下さい。

 

冷凍保存したひき肉の美味しい食べ方と注意点

冷凍保存したひき肉を食べる時は、解凍してから調理するのが基本です。

肉類は急激に解凍するとドリップがたくさん出てしまうため、できるだけ時間をかけて解凍するのが鉄則なのですね。

凍ったまま調理すると肉の温度が急激に上がって旨味成分が抜け出てしまうので、パサパサで美味しさが感じられなくなってしまいます。

 

冷蔵庫で自然解凍してから使うのがベスト

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

冷凍保存したひき肉をもっとも美味しく頂くには、冷蔵庫での自然解凍が理想的です。

冷蔵庫内は冷えているので、細菌の繁殖とドリップの流出を防ぎながらゆっくり解凍できます。

ただし、完全に解凍してしまうと水分と一緒に旨味や脂分も抜け出てしまうので、できれば半解凍のまま調理したいところです。

夜に使用するならその日の朝、朝に使用するなら前の晩に冷凍庫から取り出し、冷蔵庫に移しておくと、ちょうどよいかと思いますのでお試し下さい。

 

急ぎで使いたい時は流水解凍がおすすめ

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

お肉の美味しさを保ったまま解凍するなら自然解凍がベストですが、解凍までに時間がかかるのがネックです。

時間がない時には流水解凍をおすすめします。

フリーザーバッグのまま、もしくはポリ袋に移したひき肉をボウルや鍋に入れ、水道水を流しかけながら放置して下さい。

解凍する量にもよりますが、10~20分ほどで半解凍の状態になると思います。

液体は空気よりも熱伝導率が高いので、自然解凍よりもスピーディーに解凍することができます。

それでも間に合わない、今すぐ使いたいという時のみ、電子レンジを使用して解凍しましょう。

ただし、レンジでの解凍は難易度が高くドリップも出やすいので、本当に最後の手段としましょう。

レンジの解凍モード、もしくは一番弱いモードで少しずつゆっくりと解凍していきます。

固定のままですと加熱ムラが出来てしまうので、途中でひっくり返したりして様子を見て下さい。

 

常温解凍は絶対にNG!

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ひき肉の解凍方法の中で絶対にやってはいけないのが常温解凍です。

冷凍庫から取り出して室内に放置しておく解凍方法は確かに楽ですが、美味しさを考えると避けなければいけません。

ひき肉と室温との温度差が激しく、ドリップがたくさん出るので、旨味が抜けたパサパサのひき肉になってしまいます。

また、ただでさえ傷むのが早いひき肉が、常温放置ではさらに傷みやすくなることに。

味だけでなく衛生面でも、常温解凍するのはやめましょう。

 

ひき肉を下ごしらえしてから冷凍保存してみよう!

ひき肉を生のまま冷凍保存する方法をご紹介してきましたが、半調理、または加熱してから冷凍することもできます。

ある程度手を加えてから冷凍することで、実際に調理する際の時短になりますので、時間のない方にはこちらの方がおすすめです。

 

そぼろにしてから冷凍保存する

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ひき肉で作ったそぼろは冷凍に最適です。

そのままご飯にかけて食べられますし、いろんな料理にアレンジができるので重宝します。

そぼろを冷凍する時は、できるだけ水分を飛ばして作ります。

完全に冷ましてからラップで小分けして、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

ラップで包まずに直接フリーザーバッグ入れてもOKです。

できるだけ平らにして冷凍しておき、使う時は手で必要な分だけ割って使用できます。

そぼろにして冷凍した場合の保存期間は約1ヵ月になります。

 

タネの状態で冷凍保存する

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ハンバーグや肉団子などに応用できるよう、タネを作ってから冷凍保存するのもおすすめです。

合挽き肉や牛肉など、お好みのひき肉で作っておきましょう。

基本的なレシピはこちらです。

【材料】合挽き肉 400g、玉ねぎ 1個、卵 1個、パン粉 1カップ、牛乳 大さじ3、塩コショウ 適量

  1. 玉ねぎはみじん切りに、パン粉は牛乳でひたしておき、卵はあらかじめ溶いておきます。
  2. 材料をすべてボウルに入れ、ビニール手袋をして手で混ぜ合わせます。
  3. 粘りが出てまとまってきたら、小分けしてラップに包みます。
  4. フリーザーバッグ入れてできるだけ空気を抜いてから冷凍しましょう。
  • ラップで包まずに、フリーザーバッグに平らに入れて分け目をつけておく方法も便利です。
  • 直接手で触らないよう、ビニール手袋がない時はポリ袋を手にかぶせて下さい。 

解凍してから成形してハンバーグにするもよし、オムレツやコロッケの具材にも利用できます。

また、合挽き肉→鶏ひき肉に、玉ねぎ→長ネギ、パン粉→片栗粉に変更して生姜のすりおろしを加えると、つくねの材料になります。

にんじんやしいたけのみじん切りをプラスしたり、にんにくのすりおろしを加えるなど、いろんなアレンジをお試し下さい。

タネのまま冷凍保存したものの賞味期限は約3週間になります。

 

炒めてから冷凍保存する

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

一度チャレンジして頂きたいのが、ひき肉を野菜と一緒に炒めてから冷凍保存する方法。

こちらもいろんな料理にアレンジできますので、作っておくと便利ですよ。

基本的なレシピはこちらです。

  1. 玉ねぎやにんじん、ピーマン、ブロッコリーの茎など、冷蔵庫のあまり野菜をみじん切りにしておきます。
  2. フライパンに油をひき、ひき肉→野菜の順で追加して炒めていきます。
  3. 味付けは調理する時にしますが、塩コショウだけはしっかり利かせて下さい。
  4. 完全に火が通ったら粗熱をとり、ラップに小分けします。
  5. 冷めたらフリーザーバッグに入れ、空気を抜いてから冷凍庫で保存しましょう。

こちらの炒めひき肉は、こんな料理に応用できます。

  • チャーハンやピラフの具に
  • ご飯に混ぜてケチャップで味付けしてオムライスに
  • 豆腐やナスと合わせて麻婆豆腐、麻婆ナス風に
  • 茹でてマッシュしたじゃがいもと合わせてコロッケに
  • トマトソースやケチャップで味付けしてパスタに
  • もやしやナスなどの炒め物料理に
  • カレー粉、またはカレールーで味付けしてドライカレー風に

特に応用しなくても、味付けしただけでご飯のお供になりますので、ぜひお試し下さい!

こちらの炒めてから冷凍保存したひき肉は、約1ヶ月間保存できます。

 

冷凍保存したひき肉を使った美味しいレシピ5選

1.ひき肉たっぷりのミートソース(4人分)

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

【材料】お好きな冷凍ひき肉 200g、玉ねぎ 1個、トマト缶(カット) 1缶、にんにく 1片、コンソメ 大さじ1、ケチャップ 大さじ3、ウスターソース 大さじ1、水 カップ1、塩コショウ 適量

  1. 冷凍ひき肉はあらかじめ自然解凍しておきます。
  2. にんにくは細かく刻み、玉ねぎはみじん切りにしましょう。
  3. 鍋にサラダ油またはオリーブオイルをひき、にんにくを入れて香りが出るまで炒めます。
  4. ひき肉→玉ねぎの順で追加して、塩コショウして火が通るまで炒めて下さい。
  5. 火が通ってきたら水カップ1を入れ、沸騰するまで煮立たせます。
  6. 沸騰してきたらアクを丁寧に取り、トマト缶を一気に入れて中火で煮込みます。
  7. 10分ほど煮込んだら残りの調味料を入れて弱火にし、とろみがつくまで煮込んで完成です。
  • 水っぽくなってしまった時はケチャップを足しながら調整して下さい。
  • 好みでにんじんのみじん切りやマッシュルームを追加するとさらに美味しくなります。

 

2.ねぎとひき肉が入ったとろとろ麻婆豆腐(2人分)

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

【材料】冷凍ひき肉 (豚または合い挽き)150g、豆腐 1丁、にんにく・しょうが 1片、長ネギ 1/2本、酒大さじ2、豆板醤 大さじ1、醤油 大さじ1、鶏がらスープの素または中華だし 小さじ1、水 カップ1、水溶き片栗粉 適量、ごま油

 

  1. 冷凍ひき肉はあらかじめ解凍しておきます。
  2. フライパンにごま油を熱し、細かく刻んだにんにくとしょうがを入れて炒めます。
  3. 香りが出たらひき肉を追加して強火で炒め、豆板醤を加えてさらに炒めて下さい。
  4. 火が通ったら水を入れて煮立たせ、沸騰してきたらアクを取ります。
  5. 調味料を入れてさらに数分煮立たせ、仕上げに水溶き片栗粉を少しずつ入れてとろみをつけましょう。
  6. 好みのとろみがついたところで火を止め、お皿に盛り付けて刻んだネギをのせて完成です。
  • 豆板醤はお好みの量で、辛いのが好きな人は多くして調整して下さい。

 

3.簡単!なのに本格派のジャージャー麺(2人分)

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

【材料】冷凍ひき肉 200g、お好きな麺(中華麺でもうどんでも素麺でも)2人前、きゅうり 1本、長ネギ 1/2本、生姜 1片、甜面醤または味噌 大さじ2、豆板醤 大さじ1、醤油 大さじ1、酒 大さじ1、みりん 大さじ1、鶏がらスープのもと 小さじ1、水 100cc、水溶き片栗粉 適量、ごま油 適量

  1. 冷凍ひき肉はあらかじめ解凍しておきます。
  2. フライパンにごま油を熱し、細かく刻んだ生姜を入れて炒めます。
  3. ひき肉を入れて強火で炒め、みじん切りにした長ネギを加えてさらに炒めましょう。
  4. 火が通ったら水100ccと水溶き片栗粉以外の調味料を全て入れ、強火で数分煮立たせます。
  5. 最後に水溶き片栗粉を少しずつ入れ、お好みのとろみがついたところで火を止めましょう。
  6. 茹でてから冷やして水気を切った麺の上に作った餡をかけ、千切りにしたきゅうりをのせて出来上がりです。
  • 調味料はあくまでも目安です。甜面醤や豆板醤がなくても、ラー油やコチュジャンなどで代用できます。
  • 好みで温泉卵をトッピングするとさらに美味しくなります。

 

4.ひき肉と玉ねぎの具沢山オムレツ(2人分)

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

【材料】冷凍ひき肉 150g、玉ねぎ 1個、卵 4個、牛乳 大さじ1、ケチャップ・ソース 適量、塩コショウ 適量

  1. 冷凍ひき肉はあらかじめ解凍しておきます。
  2. フライパンに油をひき、ひき肉を入れて軽く炒めます。
  3. みじん切りにした玉ねぎを追加して塩コショウし、さらにしっかりと炒めましょう。
  4. 完全に火が通ったらケチャップ・ソースなどで味付けをし、ボウルなどに一度取り出します。
  5. 別のボウルに卵を割りいれ、牛乳を入れて溶きほぐします。
  6. フライパンに油をひき、中火で熱したら1人分の卵を入れ、ざっくりかき混ぜながら焼きましょう。
  7. 少し火が通ったところで先に取り出しておいた具を片側半分に並べ、折り返すようにして卵でくるっと包んで下さい。
  8. お皿に取り出し、ケチャップやソースなどお好みの調味料をかけて頂きましょう。

 

5.つくねのれんこんはさみ焼き(2~3人分)

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

【材料】鶏ひき肉 150g、れんこん 300g、長ねぎ 1/2本、生姜 1片、調味料A(醤油 小さじ1、酒 小さじ1、塩コショウ、片栗粉 小さじ2)、調味料B(醤油 大さじ2、酒 大さじ1、酢 大さじ1、砂糖 大さじ1)

  1. 冷凍した鶏ひき肉は解凍しておきます。
  2. れんこんは皮を向いて5~7mmの厚さの輪切りにし、酢水にさらしておきます。
  3. ボウルにひき肉とみじん切りにした長ねぎ、調味料Aを入れ、よく混ぜ合わせます。
  4. れんこんの水気を切り、キッチンペーパーで丁寧に拭き取り、つくねのタネを挟んでいきます。
  5. れんこんの穴の中にもタネが入るよう詰め込み、出来上がったら片栗粉を薄くまぶしておきましょう。
  6. フライパンに油をひき、れんこんの両面に焼き色がつくまで焼きます。
  7. 焼き色がついたら蓋をして弱火にし、完全に火が通るまでじっくり焼きましょう。
  8. 調味料Bを合わせてフライパンに投入し、絡めるように混ぜて仕上げましょう。
  • 一度れんこんをさっとゆがくと、焼くときに火が通りやすくて楽チンです。

 

まとめ

ひき肉の正しい冷凍方法と解凍方法とは?簡単で美味しいレシピ5選

ひき肉の冷凍保存方法と美味しい食べ方、アレンジレシピをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のポイントはこちらです。

  • ひき肉は肉の中でも特に傷みやすいので、すぐに使わない時は冷凍した方がよい。
  • 冷凍保存する時は小分けして急速冷凍する。できるだけ空気を含まないよう気をつける。
  • 冷凍保存したひき肉を食べる時は、冷蔵庫での自然解凍がベスト。
  • 生のまま以外にも、半調理や加熱してから冷凍することができる。

ひき肉はとてもデリケートなので、冷凍保存の時に手間をかけることがとても大切だということがわかりました。

きちんとした手順を守って冷凍・解凍すれば、生のまま調理したものにも劣らずに頂けるので、これを機にぜひ冷凍にチャレンジしてみて下さい!

 

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-料理・レシピ

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.