料理・レシピ

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

更新日:

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

和風のハーブとも言われる、清涼感のある香りと色鮮やかな緑色が特徴的な大葉。

一年中出回っているイメージがありますが、6~9月に旬を迎え、夏に消費が多い麺類の薬味として重宝されています。

薬味以外にも、料理の盛り付けのアクセントに使用したり、刺身のツマに使用したりと、食卓での活躍度はかなりのものなはず。

その大葉が冷凍保存できることをご存知でしょうか?

冷凍庫に常備しておけば、使いたい時にわざわざ買いに行かなくて済むのでとっても便利なんです。

今回は、大葉の冷凍保存方法と冷凍した大葉の扱い方、アレンジレシピ5選についてご紹介したいと思います。

 

大葉を冷凍保存するとこんなに便利!

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

使用頻度が高い大葉ですが、使いたい時ってほんの少しの量で十分なことが多くありませんか?

スーパーなどの店頭で売られているものは10枚~数十枚単位で販売されているので、なかなか使いきれないんですよね。

余った大葉を冷蔵庫に眠らせて、結局使わないまま捨てたという経験がある方もいらっしゃると思います。

そんなもったいない真似をするぐらいなら、新鮮なうちに冷凍保存するのがおすすめなんです。

大葉の冷凍保存をするとどんなメリットがあるのか、なぜおすすめなのか、次でご説明していきますね。

 

冷蔵庫で保存するだけではだめなの?

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

もともと大葉は傷みやすい野菜で、冷蔵庫での保存期間は4~5日ほどです。

スポンサーリンク

ただし長持ちさせるやり方で冷蔵すると、最大で3週間ほど保存が可能になるんです。

しかし、それはあくまでも手間暇かけて冷蔵保存した場合のこと。

濡らしたキッチンペーパーに1枚ずつ挟んだり、水を入れたコップに差してそのお水を1~2日ごとに変えたり……と、冷蔵庫で大葉を長持ちさせるのにはそれなりの労力が必要なのです。

忙しい主婦の方など、とてもそんな余裕はありませんよね。

また、冷蔵庫に入れている間に風味も香りもどんどん逃げてしまいます。

すぐに食べないのであれば、冷蔵しても冷凍しても風味が落ちるのは避けらないので、それだったら面倒な冷蔵保存より冷凍してしまった方がいいというわけです。

 

冷凍保存すると賞味期限はどれぐらいなの?

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

大葉は冷凍保存すると約1ヵ月間保存ができます。

きちんと冷凍して状態がよければ3ヶ月は持ちますが、劣化してくると葉の色が黒ずんできたり、香りがなくなってしまいます。

美味しく頂くにはなるべく早く食べるにこしたことはないですね。

また、後述の塩漬けにして冷凍保存する方法でしたら約1年間の長期保存が可能です。

 

大葉を冷凍保存するメリットまとめ

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

長期保存ができることの他にも、大葉を冷凍保存するメリットはあります。

まずは大葉を毎回買わずに済むこと。

使いたい時に冷凍庫から必要な分を取り出せばいいので、わざわざ買う手間が省けます。

余った大葉のロスがなくなり、家計の節約になることも間違いなく長所といえるでしょう。

また、冷凍した大葉は生のものに比べて調理が楽なケースもあります。

使いみちによっては包丁を使用しなくて済む場合もあるので、こちらも嬉しいメリットの1つとなりますね。

スポンサーリンク

大葉を冷凍保存するメリット

  • 約1ヶ月間の長期保存が可能になる。
  • 必要な時にすぐ使える、毎回買わなくともよくなる。
  • 使い切れなかった分を無駄にすることがなくなり、節約に繋がる。
  • 生で使用するよりも調理が楽になることがある。

 

大葉の冷凍保存方法は2通りある!

大葉を冷凍する方法は、生のまま冷凍する方法と、塩漬けにしてから冷凍する方法の2通りがあります。

1.生のまま冷凍保存する方法

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

大葉が余った時に1枚から冷凍できるお手軽な方法です。

  1. 大葉を水洗いし、キッチンペーパーで1枚ずつ丁寧に水気を拭き取ります。
  2. 2~3枚ずつ小分けし、ラップで包みます。
  3. フリーザーバッグに入れ、できるだけ空気を抜いてから冷凍して下さい。

※多少面倒ですが、1枚ずつ冷凍するのもおすすめ。1人分の麺料理の薬味に使う時など重宝します。

生で冷凍保存する方法のポイントは、水気をしっかりと拭き取ること!

少しでも水滴がついた状態で冷凍してしまうと、黒ずみの原因になってしまうので注意しましょう。

カットしてから冷凍すると便利!

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

あらかじめカットしてから冷凍保存する方法もあります。

水気を拭き取った大葉をみじん切りや千切りにしてから、フリーザーバッグに入れて冷凍して下さい。

この方法ですと、使う時にフリーザーバッグから必要な分だけ取り出すだけなので楽チンです。

 

2.塩漬けにして冷凍保存する方法

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

生のまま冷凍保存する方法はお手軽ですが、どうしても若干色がくすんでしまうのは避けられません。

大葉を青々としたまま保存したい時は、多少手間がかかりますが一度茹でてから塩漬けにする方法があります。

  1. 鍋にお湯を沸かして沸騰させ、大葉を約10秒ほど茹でます。
  2. 火が通って鮮やかな緑色になったら取り出し、冷水につけておきます。
  3. 冷えたらザルに取り出して水気を切り、さらに1枚ずつキッチンペーパーで丁寧に水分を拭き取って下さい。
  4. ラップを広げて塩を振り、その上に大葉を置いてさらにまんべんなく塩を振ります。
  5. この作業を繰り返し、3~5枚重ねたところでラップでぴったりと包みます。
  6. フリーザーバッグに入れ、空気を抜いてから冷凍庫に入れて保存しましょう。

※使用する塩の分量は、大葉1枚に対して小さじ半分を目安にして下さい。

ポイントは、大葉がきれいな緑色になるまで茹でること。

スポンサーリンク

ここでの茹で方が足りないと、冷凍した時に緑色を保てません。

また、大葉に塩を振るというよりも塗りたくるように均一にまぶして下さい。

塩漬けにして冷凍保存した大葉は冷凍庫で約1年間保存ができます。

作るのに多少手間はかかりますが、一気にまとめて作っておけば後々楽になりますので、時間に余裕がある時にチャレンジしててはいかがでしょうか。

 

冷凍保存した大葉を使う時は?

冷凍保存した大葉は、基本的には凍ったまま使用します。

1.生のまま冷凍保存した大葉の使用方法

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

凍ったまま使用する

薬味や料理のアクセントとしてふりかけたい時は、解凍せずにそのまま使用します。

カチカチに凍ったままの大葉を、ラップまたはキッチンペーパーの上から揉み解しましょう。

ちょっと揉んだだけでパラパラになるので、そのまま料理に使用して下さい。

自然解凍してから使用する

1枚まるごと使用したい時や、カットして使いたい時は、自然解凍してから使います。

冷凍庫から取り出し、数分~10分程度放置しておくだけで半解凍の状態になるので、その後包丁を入れて下さい。

凍ったまま包丁を入れると粉々になってしまいますので、必ず解凍してからカットするようにしましょう。

 

2.塩漬けにしてから冷凍保存した大葉の使用方法

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

料理の具材として使用する

肉巻きに巻いたり、料理の具材として使用する時は、水で塩を洗い流してから使用します。

水道水でちょっと洗い流すだけで解凍できますので、キッチンペーパーで水気を拭いてから調理して下さい。

おにぎりやお漬物などに使用する

あえて塩を落とさないで、おにぎりに巻いたり、お漬物に刻んで入れたりするのもおすすめです。

ミンチに混ぜる時も、塩気を利用すればそのまま味付けが出来ます。

冷凍保存した大葉のおすすめの使用方法は?

冷凍保存した大葉にはさまざまな使いみちがあります。

おすすめの使い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

混ぜご飯やおにぎりに混ぜる

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

生のまま冷凍保存した大葉は手で揉み解してそのままご飯に混ぜます。

塩漬けにしたものは、塩を落とさないでみじん切りにしてご飯に混ぜると、塩を別に加える必要がなくなります。

大葉には殺菌効果があるので、おにぎりに使用すれば衛生面でも安心できますね。

 

肉巻きに挟んで使用する

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

豚肉やささみなど、お肉をロール状に巻いて調理する際に、大葉を入れると美味しいです。

生のまま冷凍保存したものは自然解凍し、塩漬けにした大葉は水洗いしてからキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

そのままチーズなどと一緒にお肉で巻いて、焼いたりフライにしましょう。

大葉を入れた肉巻きは、カットした時に断面の緑が映えるので美味しそうに見えます。

 

パスタやサラダのトッピングに

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

生のまま冷凍保存した大葉は自然解凍してから、塩漬けにしたものは水でさっと洗い流してから千切りにします。

パスタやサラダ、煮物や和え物のトッピングとして上から盛り付けると、味だけでなく見た目にも美味しくなります。

 

餃子やつくねに混ぜ込む

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

餃子やつくねなどのひき肉料理に、大葉の清涼感と香りはとても合います。

生のまま冷凍保存した大葉は、凍ったまま手で揉み解してひき肉に混ぜましょう。

塩漬けにした大葉は洗い流さずそのままみじん切りにして使って下さい。

牛肉・豚肉・鶏肉のどのひき肉にも大葉のみじん切りは相性がよいのでおすすめです。

 

冷凍保存に適した大葉の見分け方

せっかく冷凍保存するなら、なるべく新鮮で状態のよい大葉を選びたいですね。

美味しい大葉の見分け方をポイントごとにご説明しますので、参考までにご覧下さい。

 

ポイント1.大葉の色で見分ける

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

  • 葉の色が青々とした緑色なものを選ぶ。色が濃いほどよい。
  • 葉の先が黒ずんでいたり、ところどころ斑点状なっているものは避ける。
  • 一見、表はきれいでも、葉の裏側に黒ずみや斑点があることも。
  • スーパーで売られているものは束になっていることが多いので、可能であれば中の方も確認する。

 

ポイント2.大葉の状態で見分ける

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

  • 葉先がピンとしていてはりがあるものを選ぶ。
  • 茎の部分がみずみずしく、枯れていないものがよい。
  • 元気がなく、しなっているのもは避ける。

 

ポイント3.大葉の大きさで見分ける

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

  • 全体があまり大きすぎないものを選ぶ。
  • 成長しすぎた大葉は葉が固く、風味が落ちていることが多い。

 

冷凍保存した大葉のアレンジレシピ

1.大葉とじゃこがたっぷりのパスタ(1人分)

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

【材料】冷凍大葉 好きなだけ、パスタ 100g、ちりめんじゃこ 約20g、にんにく 1片、オリーブオイル 適量

  1. フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたにんにくを入れて炒めます。
  2. にんにくの香りが出てきたらちりめんじゃこを入れて軽く火を通し、茹で上がったパスタを加えて軽く絡めましょう。
  3. お皿に盛り付け、仕上げに冷凍大葉を凍ったまま揉み解してふりかけるか、自然解凍してから千切りにしてのせて下さい。
  • お好みで醤油をプラスしても美味しいです。オリーブオイルの代わりにごま油を使用してもok。
  • 塩こんぶや白ごまなど、ねぎ、などをトッピングするとさらに美味しくなります。

 

2.大葉がふんわり香る卵焼き(2人分)

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

【材料】冷凍大葉 5枚、卵 3個、砂糖 大さじ1、醤油 小さじ1/3、酒 大さじ1、粉末だし 1つまみ程度、水 大さじ2

  1. 冷凍保存した大葉は自然解凍してから水気を拭き、細く千切りにします。
  2. 調味料はあらかじめ混ぜ合わせておきましょう。
  3. ボウルに卵を割り入れ、ざっくりかき混ぜたら、少しずつ調味料を加えながら切るように解きほぐします。
  4. フライパンまたは卵焼き器で、いつもの卵焼きと同じように焼いて完成です。
  • お弁当に入れると切り口の緑色が見た目にも美味しそうです。
  • お好みで大根おろしを添えて頂きましょう。

 

3.大葉と長いものカンタン浅漬け(2人分)

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

【材料】大葉 3~4枚、長いも 約10cm、浅漬けのもと 100ml

  1. 冷凍大葉は自然解凍してから3~4ミリ幅の千切りにします。
  2. 長いもは拍子木切りにカットしておきます。
  3. ポリ袋に材料を全て入れ、よく手で揉みこんでから冷蔵庫に入れて下さい。
  4. 最低1時間以上漬けたらできあがりです。
  • お好みで拍子木切りにしたきゅうりや塩昆布をプラスしても美味しく頂けます。

 

4.大葉といわしの栄養満点ハンバーグ(2人分)

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

【材料】冷凍大葉 3~5枚、いわし 300g、酒 小さじ1、味噌 小さじ1、卵 1/2個、しょうが 1片

  1. いわしは内臓と骨を取り、包丁で粗めに叩いておく。
  2. 冷凍した大葉を細かく手で揉み解して入れ、調味料と生姜を追加してさらに細かく包丁で叩く。
  3. ボウルに移して手で練り、やわらかくなってきたらハンバーグの形に成形します。
  4. フライパンに油をひき、焼き色が付くまで焼いたら裏返して下さい。
  5. フタをして弱火で8分焼いて完成です。焼きが足りなかったら様子を見てさらに焼きましょう。

 

5.大葉と豚肉のパラパラチャーハン(3人分)

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

【材料】冷凍大葉 6~7枚、薄切り豚肉 150g、ご飯 茶碗3杯分、卵 2個、鶏がらスープの素または中華だし 小さじ2、醤油 小さじ1、ごま油 適量、塩コショウ 適量

  1. フライパンにゴマ油をひき、解きほぐした卵を入れて箸で軽くかき混ぜ、ざっと火が通ったら取り出しておく。
  2. 適当な大きさにカットした豚肉を炒め、火が通ったらご飯と卵を入れて塩コショウしながらさらに炒めます。
  3. 調味料を加えて強火で一気に炒め、馴染んだら冷凍大葉を手で揉み解してパラパラと加えて出来上がり。
  • 大葉を入れたらすぐに火を止めるのがポイントです。
  • 冷凍大葉はあらかじめ自然解凍して千切りにしてもよいです。好みで好きなだけ入れて下さい。

 

まとめ

大葉の冷凍保存と解凍方法│大葉が美味しくなるおすすめレシピ5選

大葉を冷凍保存するメリットとその方法、美味しい食べ方などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のポイントはこちらです。

  • 大葉は冷凍すると1ヵ月保存できる。方法によっては約1年保存が可能になる。
  • 大葉の冷凍保存は、生のまま冷凍する方法と、茹でて塩漬けにしてから冷凍する方法がある。
  • 冷凍保存した大葉は解凍しないでそのまま使用できる。解凍してから使う時は10分ほどで自然解凍できる。

100枚パックなどの安売りしている時に購入して、一気に冷凍保存しておくと便利ですね。

大葉はビタミンA、ビタミンB、カロテンなどの栄養素がたっぷりで、花粉症やアレルギー、貧血などにも効果がある健康食品として優れています。

ぜひ冷凍保存を利用して、積極的に食べるようにしましょう!

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-料理・レシピ

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.