生活の知恵

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

更新日:

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

皆さんは、学校のお友だちや会社の同僚の方たちとカラオケに行くことはありますか?

気心の知れた仲間とカラオケで歌うのって、本当に楽しいですよね。

ところで、カラオケに監視カメラがあるのかどうか気になることってありませんか?

一人でダンスを踊りながらノリノリで熱唱しているのに、カメラが見えると恥ずかしく感じますよね。

カップルでイチャイチャして、個室でいい感じになっていてもカメラが気になるかもしれません。

では、カラオケの部屋に監視カメラは本当に設置されているのでしょうか?

ここでは、以下のポイントについてご紹介したいと思います。

  • 全てのカラオケ店に監視カメラは設置されているの?
  • カラオケにカメラを設置する目的とは?
  • 監視カメラを設置するメリットやデメリットとは?

今回は、カラオケに監視カメラは設置されてるのか、目的は何かについて、分かりやすく解説したいと思います。

 

カラオケに監視カメラが設置されているって本当?

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

カラオケ店の個室であれば、どこでも監視カメラは設置されているのでしょうか?

ここでは、カラオケに監視カメラが設置されているかどうかについて、ご紹介します。

 

①ほとんどの店舗で設置されている

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

カラオケの店舗によって異なりますが、監視カメラが設置されている部屋は多いようです。

カラオケではグループごとに個室を割り当てられるので、つい密室だと勘違いしてしまいませんか?

スポンサーリンク

でも実際には、監視カメラが設置されていることを忘れてはいけません。

好きな人と二人きりだと思っていても、監視カメラで見えていることがあるのです。

以前にあるカラオケ店員が、カメラの映像をツイッターに投稿して話題になったことがありました。

映像が流出したことで、カラオケの部屋に監視カメラが設置されてるのと話題になったのです。

好きな人と二人でいちゃいちゃする時には、カメラに注意が必要かもしれませんね。

 

②全ての部屋に設置されていない

カラオケの店舗によって違い、全ての部屋に監視カメラが設置されているわけではありません。

店舗が大きいと部屋数が多くなり、全部屋にカメラを設置するのは費用的にとても大変です。

カメラを設置していると印象も良くないので、できるなら付けたくないのが本音のようです。

そのため、全ての個室に監視カメラを設置できるカラオケの店舗は少ないのが現状です。

監視カメラを設置できないカラオケの部屋では、どのように安全を確保しているのでしょうか?

  • ドアの窓ガラスを大きく設計している
  • 窓から見えない部分だけに監視カメラを設置している
  • スタッフの目視でチェックして見回りを徹底している

中には、一部の部屋に本物の監視カメラを設置して、残りはダミーのカメラを設置しているケースも多くあるようです。

 

③様々な形状のカメラが設置されている

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

カラオケの部屋には、様々な形状の監視カメラが設置されています。

監視カメラには、ボックス型、ドーム型、小型・特殊型の3つのタイプがあります。

  • 天井に設置されているカメラはドーム型が主流
  • ボックス型の監視カメラは部屋にあればすぐに分かる
  • 小型カメラは隠しやすいので見つけるのは難しい

テレビの前に設置されているカメラは、カラオケSNSに投稿する動画を撮影するためのものです。

動画の保存先や回線を切り替えれば、部屋内を監視することもできますが、真相は不明です。

他にも、カメラと思えるものは偽物で、実際に映しているのは別のカメラというケースもあります。

いずれにせよ、監視カメラが設置されていれば、室内を見られてしまう可能性はあるでしょう。

スポンサーリンク

たいていの場合、受付カウンターにモニタが設置されていて、個室内の映像が表示されています。

カメラがあるので振る舞いに注意してくださいという注意の意味合いがあるようです。

とはいえ、表情が分からないような暗い画像が多く、音はないのが一般的です。

 

カラオケにカメラを設置する目的とは?

 

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

quimuns / Pixabay

カラオケに設置されているカメラには、どのような用途があるのでしょうか?

ここでは、監視カメラを設置する目的について、ご紹介したいと思います。

 

①犯罪防止のため

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

カラオケのカメラは、お客を監視する目的で設置されているわけではありません。

カラオケの個室には、犯罪防止の目的でカメラが設置されています。

カラオケのレジや受付には、強盗対策のために必ず監視カメラが設置されています。

では、スタッフの人は監視カメラの映像をじっと見ているのでしょうか?

部屋にあるカメラの映像はモニター画面で分割され、定期的にスクロールして映し出されています。

マナーを守って楽しんでいるお客さんのことを、じっと見て監視していることはまずありません。

カラオケの部屋には、カラオケ機種本体など高価な機材が多く設置されています。

市町村の条例で防犯カメラの設置を推奨している場合が多く、対策として取り付けています。

いささか恥ずかしい気がするかもしれませんが、気にせずカラオケを楽しみましょう。

 

②迷惑行為を防ぐため

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

Pexels / Pixabay

カラオケの監視カメラは、迷惑行為を防ぐ目的で設置されています。

スポンサーリンク

カラオケでは正確に言うと、監視というより防犯カメラの目的で設置されていることがほとんどです。

監視カメラの映像はモニターに映し出されることが多く、店内の死角などが監視できます。

ただし、決定的な場面を見逃さないために目立たないように設置されていることが多いです。

監視カメラと防犯カメラには、どんな違いがあるのでしょうか?

防犯カメラは、画像を録画して何かトラブルが起こった後に、記録を確認する目的で設置されます。

客が帰った後に破損が発見された場合、証拠として録画してあった映像を確認するわけです。

迷惑行為を防止するためですから、カメラに見られてる感を抱かせるのが主な目的なのです。

それはあくまで、お客やお店を迷惑行為から守るための対策です。

ですから、ただ歌っているだけならまじまじと見られている可能性はほとんどありません。

 

③部屋の様子を録画するため

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

tlfagan / Pixabay

カラオケに設置されている監視カメラの映像は、録画されていることが多くあります。

犯罪がおこったときの証拠映像として使うために、部屋の様子が録画されているのです。

ただし、問題が起こった時にしか映像を見ないので、常に見られているわけではありません。

防犯カメラはたいてい長時間録画機で録画されていて、作動を確認するためテレビモニターが用意されています。

機材が壊されていた時や物が紛失した時などに、確認の目的で映像を見ることができます。

犯罪が発覚した時には、警察から録画した映像の提供を求められることがあります。

それ以外のことで見返すことはほとんどないでしょう。

防犯カメラは設置されていること自体に大きな意味があるため、目立つように設置されていることも多く、ダミーのカメラもあります。

トラブルが発生しない限りプライバシーは守られているので、気にせずにカラオケを楽しみましょう。

警戒しないといけない場合や、苦情などトラブルが起こった場合のみに必要となるのです。

 

監視カメラを設置するメリットやデメリットとは?

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

tpsdave / Pixabay

カラオケに設置する監視カメラには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、監視カメラのメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

 

①メリット → 安心してカラオケを楽しめること

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

BEP / Pixabay

カラオケに監視カメラを設置するメリットは、犯罪を心配せず安心して楽しめることです。

個室で楽しむカラオケですから、安心できる店舗かどうかが大きな基準となります。

危険な目に遭ったり、嫌な思いをしたりするリスクのあるお店にわざわざ行かないですよね。

監視カメラを設置することで、犯罪やトラブル防止に一定の効果を発揮させることができます。

犯罪を防止できる環境なら、安心できるお店としてお客様が増える可能性が高くなります。

カラオケの個室は誰でも自由に入れるうえに密室度が高く、犯罪行為の場になりやすいのです。

特に女性のお客であれば、安心できるカラオケ店は大きなアピールポイントとなるでしょう。

女性のお客が増えれば、自然にお友達の男性の客を連れてくる機会も増えます。

お店で働くスタッフも安心して働けることは、求人の際にメリットになります。

では、監視カメラのない店舗では、どのように安心感を確保しているのでしょうか?

個室にはカメラを設置せず、店舗の出入口やカウンターだけに設置していることがあります。

スタッフによる店内巡回や窓からの室内チェックによって、安全面の補完も行われています。

いずれにせよ、監視カメラの設置により安心感が持てるのは大きなメリットと言えますね。

 

②デメリット → プライバシーがないこと

カラオケに監視カメラがあるって本当?設置されている目的って何?

JOESPH / Pixabay

カラオケに監視カメラを設置するデメリットは、プライバシーがないと感じることです。

自分がとんでもない顔で歌っているところを見られるなんて恥ずかしいですよね。

カラオケの個室に監視カメラなんて、プライバシーがないと思ってしまいますよね。

恋人と二人きりで部屋でイチャイチャしたい時は、ついついカメラが気になりませんか?

気持ち悪いダンスでカラオケの練習をしたい時にも、カメラが気になるでしょう。

カメラが設置されていると、思う存分楽しめない気分になるのはデメリットでしょう。

とはいえ、カラオケの個室はたくさんあるので、画面も定期的にスクロールされて切り替わります。

従業員もお客の対応が優先で、受付や会計、ドリンクや食事の提供などに追われて見続けている暇はありません。

監視カメラでじっと見られている可能性は低いですから、気にせず思い存分カラオケを楽しみましょう。

 

まとめ

今回は、カラオケに監視カメラが設置されている理由についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

監視するためではなく、防犯の目的で設置されていることをご理解いただけたことと思います。

監視カメラを設置することで、犯罪を防いで安心してカラオケを楽しむことができます。

店舗によっては防犯カメラが設置されていて録画されていますが、常に監視されていることは滅多にありません。

高価な機材を壊したり悪いことをしない限りは、じっと見られていることは少ないでしょう。

ただし、カラオケはあくまで公共の部屋ですから、常識的な行動を心がけるようにしましょう。

楽しく歌っているだけならカメラは気にする必要はありませんから、これからも思い存分カラオケを楽しんでください。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.