生活の知恵

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

更新日:

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

quimuns / Pixabay

カラオケの採点で低い点数が出て、嫌な思いをしたことはありませんか?

せっかく気持ちよく上手く歌ったつもりなのに、点数が悪いとテンション下がりますよね。

ところで、歌が下手だから、声が通らないから点数が上がらないと思っていませんか?

実はカラオケの採点は、人が聞いて上手いと思うのとは基準が違うのです。

では、カラオケで高得点を出すために、どんなコツがあるのでしょうか?

ここでは、以下のポイントについてまとめてみたいと思います。

  • カラオケで高得点を出すための楽曲選びのコツとは?
  • 音程とリズムをガイドメロに合わせるコツとは?
  • 抑揚をつけて高得点を出すためのコツとは?
  • カラオケでさらに高得点を出すためのコツとは?

今回は、実際の歌のクオリティを落とさず、カラオケで高得点を上げる方法について、ご紹介したいと思います。

 

カラオケで高得点を出すための曲選びのコツとは?

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

tpsdave / Pixabay

カラオケで高得点を出すためには、高得点を出しやすい曲選びをする必要があります。

ここでは、カラオケで高得点を出すための曲選びのコツについて、ご紹介したいと思います。

 

①高得点が出やすい楽曲を選ぶ

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

Krimifreundin / Pixabay

カラオケで高得点を出すコツは、高得点が出やすい楽曲を選んで練習することです。

自分の大好きな曲であっても、リズムや音程が取りにくい曲だと高得点は難しくなります。

では、どんな楽曲を選ぶとカラオケで高得点が出やすいのでしょうか?

基本的に、ゆっくりとしたバラード曲を選ぶのが高得点を出すためのコツと言えます。

その中でも特に、スローバラードを選んで練習することをお勧めします。

ゆっくり目なテンポの曲をアレンジせずにそのまま歌えば、高得点を出すことができます。

スポンサーリンク

逆にアップテンポの曲は、歌詞と曲のタイミングがずれて減点されやすくなります。

高得点をねらうなら、高音低音や抑揚の激しい曲は選ばないようにしましょう。

歌い慣れた自分が好きな歌を選ぶことも重要で、気持ちが入って自然と声も出てきます。

例えば、海という歌がありますが、すごく伸びやかに歌えて音が極端に上下しません。

童謡を選ぶと、ゆっくり歌うので高得点が取れると言われています。

また、アニメソングも好きなアニメで力が入って、楽しみながら歌えて完全燃焼したという達成感が感じられます。

いずれにせよ、音程の幅が狭く、単調で短い曲の方が高得点が狙いやすく、気持ち良く歌い上げることができます。

 

②歌う曲をしっかりと聴く

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

BEP / Pixabay

カラオケで高得点を出すためのコツは、まず歌う原曲をしっかりと聞くことです。

事前に原曲を何度も聞いておけば、その通りに歌えるように練習しやすくなります。

歌詞や歌い出し、メロディーの細かな揺れや歌い終わりの長さを調べておきましょう。

もともと音感があることも大事ですが、一番はCDやYouTubeで何度も聞くことです。

上げ下げなど細かいところまで繰り返し聞いて耳で覚えたら、あとは似せて歌うだけです。

カラオケでリズム通りに歌うのは難しいですが、慣れてくれば出来るようになります。

音程にも気をつけて、出来るだけ外さないように丁寧に聞いて覚えるようにしましょう。

異性が歌っている原曲でキーが合わない場合は、原曲キーを上げ下げをして自分に合うところで歌いましょう。

 

音程とリズムをガイドメロディに合わせるコツとは?

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

Pexels / Pixabay

カラオケで高得点を出すためには、音程とリズムをガイドメロディに合わせる必要があります。

ここでは、音程とリズムをガイドメロに合わせるコツについて、ご紹介したいと思います。

 

①音程をガイドメロディに合わせる

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

mnievesmc / Pixabay

カラオケで高得点を出すコツは、音程をガイドメロディに合わせることです。

スポンサーリンク

カラオケ機器には、歌の音程が分かってしまうガイドメロディという機能があります。

ガイドメロディは、歌詞の上の方に楽譜のように表示されるバーのことです。

カラオケで高得点を出すためには、歌の上手さ以上に音程に合わせることが大事なのです。

では、どうすれば音程をガイドメロディに合わせることができるのでしょうか?

メロディにアレンジは加えず、音符マークに忠実に歌うことが基本となります。

原曲の歌い回しよりも、ガイドメロの表示に出来るだけピッタリ合わせていきます。

好きなアーティストの歌を歌う場合でも、ライブの歌い方ではなく普通に歌いましょう。

そのために重要なのが、その曲で自分が一番歌いやすいキーを見つけることです。

余計なかっこをつけて歌うと、音程がずれてしまい高得点を出すことはできません。

音程がガロドメロディに合っていれば、たいてい80点以上の高得点が獲得できます。

 

②リズムをガイドメロディに合わせる

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

benmclendon / Pixabay

カラオケで高得点を出すコツは、リズムをガイドメロディに合わせることです。

高得点を出すには楽譜通りに歌うのが一番で、リズムをお手本に合わせて歌う必要があります。

リズムとは音楽の流れのことで、走りとタメがあります。

走りとは、本来のリズムより早く音を出している時に使われる表現です。

タメとは、逆に本来のリズムより遅いときに使われる表現です。

採点の中で一番減点されやすいのは走りですから、少しタメぎみに歌うようにしましょう。

原曲の歌い回しと異なるリズムもありますが、ガイドメロディ優先で合わせましょう。

スポンサーリンク

リズムを合わせる時のコツは、ガイドメロの音の切れ目に注目することです。

本物の歌手が歌うリズムそのままではなく、カラオケ画面の歌詞の色にリズムを合わせて歌うと高得点が出やすいです。

 

③歌詞の字幕通りにきちんと歌う

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

カラオケで高得点を出すコツは、歌詞の字幕通りにきちんと歌うことです。

歌の上手い下手よりも、歌詞の字幕にそってきちんと歌いこなすことが重要です。

歌詞をしっかり覚えておくと、字幕のリズムに遅れにくいので、得点が出やすくなります。

歌詞の字幕通りに歌うために、どんな注意すべきコツがあるでしょうか?

自分の声を正しくマイクに拾わせるのも、高得点を出すために大切なポイントです。

曲の音量が大きかったりエコーをかけすぎたりすると、マイクが声以外の余計な雑音まで拾ってしまいます。

正しく採点されない事があるので、音の調整をキチンと行ってから歌うようにしましょう。

マイクの持ち方は、マイクの先端の丸い部分は触らないように、口に向けてまっすぐ持つ事を意識して下さい。

プロ並みに上手い人でも採点すると低いことは多々あるので、採点の機械が好む分かりやすい歌い方をしましょう。

 

④カラオケの採点機械の特徴を把握する

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

カラオケで高得点を出すためのコツは、採点をする機械の特徴を知っておくことです。

例えば、JOYSOUNDやDAMというカラオケの採点機械には、それぞれに違いがあります。

DAMは音程に厳しいのが特徴で、テクニックはそれほど加点対象にはなりません。

採点の音程が棒状になる採点コースを選んで、その音程に合わせながら歌うのがコツです。

JOYSOUNDは音程も大事ですが、テクニックで大きく加点できるのが特徴です。

音程に自信のない方は、DAMよりもJOYSOUNDの方を選んでテクニックで頑張ってみましょう。

カラオケ採点の平均点も、JOYSOUNDの方が高いというデータもあります。

カラオケ採点機器の特徴を把握して、高得点を狙っていきましょう。

 

抑揚をつけて高得点を出すためのコツとは?

カラオケで高得点を出すためには、しっかりと抑揚をつけて歌うのがポイントです。

ここでは、カラオケで抑揚をつけて歌うためのコツについて、ご紹介したいと思います。

 

①大きな声で抑揚をつける

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

Unsplash / Pixabay

カラオケで高得点を出すためのコツは、大きな声でしっかりと抑揚をつけて歌うことです。

カラオケで歌う時の抑揚とは、いったい何のことでしょうか?

抑揚とは、簡単に言うと歌全体の強い弱いのメリハリのことです。

強く歌う部分と弱く歌う部分がはっきりさせることで、抑揚のあるなしが決まってきます。

ですから、総合的に声の大きさが抑揚をつけるために重要な要素になります。

カラオケの採点で評価される抑揚は、マイクに入力されるボリュームの大きさです。

マイクにしっかりと声を入れることで、カラオケで高得点が出やすくなります。

序盤がおとなしい曲の場合は、盛り上がりのサビ部分で、抑揚をつけて急激に盛り上げるように歌いましょう。

メロ部分とサビの声量を変えたり、大げさなトーン差で歌うと得点が上がる可能性があります。

アップテンポの曲は声を張りがちですが、高得点を取りに行くためにも抑揚をつけるようにしましょう。

 

②歌い始めから音をしっかり出す

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

JOESPH / Pixabay

カラオケで抑揚をつけるためのコツは、歌い始めから音をしっかり出すことです。

まずは歌い始めの最初に、なるべく大きい声を出すようにしましょう。

小さい声だとマイクが認識しなかったり、採点ラインが途切れたりしてしまうからです。

カラオケでは口を大きくはっきり開けて、お腹から声を出して歌うように気を付けましょう。

歌詞の始まりの言葉ははっきり発音することが大事で、特に「は行」に注意してください。

マイクにしっかりと声を入れるために、どんなポイントに注意すればよいでしょうか?

マイクを正しく持って声を入れ、声を出しやすい立った姿勢で歌うのがポイントです。

お腹から声を出すように意識すれば、歌い始めからしっかりと声が出せます。

感情を込めながら声の強弱をはっきりつけて、音量はできるだけ一定を保つようにしましょう。

 

③マイクの距離で抑揚をつける

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

peaknext / Pixabay

カラオケで抑揚をつけるコツは、マイクの距離を調整することです。

歌の抑揚を豊かにする手段として、声の距離感をイメージするというコツがあります。

歌いながら出来るだけさり気なく、マイクを近づけたり離したりするのがポイントです。

1小節かけて離し、また1小節かけて近づけることで、細かく抑揚をつけることができます。

普通に歌ってもAメロ、Bメロ、サビで変化は付きますが、マイクの距離でもっと変化がつけられます。

これが技術やテクニックと言われるコツで、得点がアップされる場合があります。

ただし、抑揚をつけすぎると逆に得点が伸びないこともあるので、注意するようにしましょう。

声の大きさを1小節単位で変化させると、歌のクオリティが下がりがちですから、バランスも意識しましょう。

仮に音程やリズムが少し外れた場合でも、細かい抑揚で得点をカバーできることがあります。

 

カラオケでさらに高得点を出すためのコツとは?

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

toddpoirier / Pixabay

カラオケでさらに高得点を狙うためには、他にもどんなコツがあるのでしょうか?

ここでは、高得点が出せるロングトーン・ビブラート・しゃくりについて、ご紹介します。

 

①ロングトーンで高得点を出す

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

lauramba / Pixabay

ロングトーンとは、カラオケで一定の声量や音程を持続的に出すことです。

声をフレーズの最後までしっかり出すことが大事で、さり気なくわずかに伸ばしてみて下さい。

メロディの最後の切れ目の音の長さがコツですから、伸ばすところはしっかり伸ばしましょう。

カラオケで選ぶ楽曲によって、ロングトーンが伸びやすい曲と伸びにくい曲があります。

曲を選ぶ際には、バラードなどメロディの語尾が長めの曲を選ぶようにしましょう。

歌う時にはカラオケ画面の表示より少し長めに、しっかり伸ばして歌うのがコツです。

 

②ビブラートの回数を増やす

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

MrsBrown / Pixabay

ビブラートとは、カラオケで声を振動させて歌うことです。

ビブラートを上手く入れると単調に聞こえず、感情的な印象になりうまく聴こえます。

「あーー」と発するのが普通の歌い方で、ビブラートだと「あ〜〜あぁあぁ〜」となります。

腹式呼吸を意識して、喉声にならないよう腹を振るわせるという感覚で練習してみましょう。

最初は難しく感じますが、一度コツをつかむと自由自在に操れるようになります。

ビブラートができない方は、マイクをゆらしながら歌うのがおすすめの方法です。

あまり叫ばないように歌い、歌手のように感情をこめてビブラートをきかせましょう。

ビブラートの波形も大事ですが、ビブラートの回数を増やすことで高得点が期待できます。

歌のクオリティを下げないように、メロディ語尾や途中に細かいビブラートを交えましょう。

メロディ途中にビブラートを入れる場合、音程の幅を小さくすると自然になじみます。

選曲はメロディ語尾が長いバラードが有利で、声の揺れで高得点が出やすくなります。

 

③歌のしゃくりを増やす

カラオケが楽しくなる!誰でも高得点が出せる歌のコツとは?

歌の節回しを増やすことで、カラオケで高得点を獲得することができます。

歌の節回しとはしゃくり・こぶし・フォールのことで、加点につながります。

しゃくりは元の音程よりも低く入り、その後元の音程に戻すというテクニックです。

「あー」という普通の音程から、「ぁあー」といった風に歌う事でしゃくりを表現出来ます。

フォールはしゃくりと逆で、音を落とすテクニックです。

入りの子音部分を少し低く歌い、母音部分は元の音程で歌うという感じです。

ガイドメロディを大きく崩さない範囲で、節回しを取り入れるようにしましょう。

いつどのように使われているのかを研究して、何度もコツをつかむまで練習してください。

ただし節回しをあまりに多用すると、音程が外れていると判断されて減点されることがあるので注意しましょう。

カラオケであらゆるテクニックを駆使して、高得点をねらってみましょう。

 

まとめ

今回は、カラオケで高得点を獲得するためのコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ガイドメロディ通りに歌うことが、高得点を狙うコツであることをご理解いただけたことと思います。

人が上手いと思う歌い方と、カラオケの機械が判断する得点とは異なっています。

ガイドメロディーのリズムや音程、歌詞の流れにしっかりと合わせて歌うようにしましょう。

声を大きく出すことも大切なコツで、マイクにしっかりと声を入れるようにしましょう。

複式呼吸で歌って抑揚をしっかりとつけることでも、高得点をねらうことができます。

ロングトーンやビブラート、抑揚などのテクニックを駆使することで高得点が狙えますね。

人が聞いても機械が判断しても上手いと思える歌い方を身に着けるのが大切なコツと言えます。

今回ご紹介したコツを実践して、カラオケで高得点を連発させてみましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.