料理・レシピ

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

更新日:

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

ホクホクとした甘味が美味しいかぼちゃ。

スーパーなどで1個丸々のものや半分にカットされたものを買ってきても、使い切れないことってありませんか?

また、使い切れなかった部分を冷蔵庫に入れて保存してたら、傷んでいて食べられなくなっていたという経験がある方もいらっしゃると思います。

そんな時にはかぼちゃを冷凍保存するのがおすすめなんです!

今回はかぼちゃの冷凍保存方法やメリット、アレンジレシピなどの情報をご紹介していきます。

 

かぼちゃを冷凍保存するメリットは?

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃの冷凍保存方法をご紹介する前に、なぜ冷凍するのがおすすめなのか、冷凍するとどんなメリットがあるのかをご説明します。

 

1.冷凍保存で長期保存が可能に!

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃは秋~冬にかけて美味しい野菜ですが、もともとは夏野菜です。

昔の人は夏に収穫したものを保存して冬至の日に食べていたぐらいですから、もともと長期保存ができる野菜なのですね。

風通しがよく日の当たらない場所に丸ごと1個を保存しておけば、常温でも2~3ヶ月は持ちます。

ただし、それはあくまでも包丁を入れない状態でのこと。

一度カットしたカボチャは、ワタや種の部分が傷みやすく、逆に日持ちがしない野菜になるのです。

さらにそれを茹でたものとなると、賞味期限はますます短くなることに。

スポンサーリンク

カットしたかぼちゃの保存期間は、生のままで4~5日、茹でたもので2~3日と非常に短いのですね。

しかし、これが冷凍保存したかぼちゃとなると、保存期間は1~2ヶ月になります。

なので長期保存したい時は冷凍するに限るのです!

 

2.調理の下ごしらえが楽になる

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃを調理する時の下ごしらえってなかなか大変だと思いませんか?

生のかぼちゃは包丁が通りにくいし、ワタや種をきれいに取り除くのも面倒なもの。

毎回かぼちゃを使うたびに、処理をするのは手間ですよね。

そんな時は、かぼちゃを1個丸ごと下処理して一気に冷凍しちゃいましょう。

小分けに冷凍して使いたい分だけ使うようにすれば、毎回かぼちゃを買ってくる必要もありません。

 

3.豊富な栄養素が保てる

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃはカロテン、ビタミンB、ビタミンE、カリウムなどを豊富に含む優秀な野菜です。

夏野菜の中でも栄養素が群を抜いているので、健康や美容によく、免疫力を高める効果もあります。

しかし、一度カットしてしまうと傷むのが早いため、冷蔵庫で保存しても時間が経つごとに栄養素が失われてしまいます。

なので、冷蔵庫で保存するよりも栄養価が高い状態で冷凍することを推奨したいのです。

冷凍することによって栄養素は若干失われますが、新鮮な状態で処理すればほとんど変わりがありませんので、健康の面でもかぼちゃは冷凍保存に向いている野菜といえます。

 

かぼちゃの冷凍保存方法は3通りある!

それでは実際にかぼちゃを冷凍する手順をご紹介していきましょう。

かぼちゃを冷凍する方法には、生のまま冷凍する・加熱してから冷凍する・マッシュしてから冷凍する、の3通りがあります。

 

1.かぼちゃを生のまま冷凍保存する

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

スポンサーリンク

かぼちゃは茹でてから冷凍するイメージがありますが、実は生のままでも冷凍できるんです。お味噌汁やスープに使用する時は、生のまま冷凍するのがおすすめです。

  1. 種とワタを丁寧に取り除いてからお好きな大きさにカットして、フリーザーバッグに入れます。
  2. ストローなどを使ってできるだけ空気を抜き、冷凍庫に入れてください。

冷凍庫に入れる際に金属パッドの上で冷やすようにすると、急速冷凍が出来るので、美味しさに違いが出てきます。

これだけでも十分なのですが、冷凍した時の品質をさらに高めたいのであれば、カットしたカボチャを小分けしてラップに包んでからフリーザーバッグに入れると効果的です。

空気に触れる部分をできるだけ少なくすることによって冷凍焼けを防げるので、可能な限り空気を抜くのが美味しく冷凍する秘訣になります。

 

生のまま冷凍する場合の注意点

業務用と違って家庭用の冷凍庫は冷凍スピードが遅く、冷凍するまでの過程で組織が壊れやすいので、解凍した際に水分が抜けてパサパサの美味しくないかぼちゃになることがあります。

これを防ぐには、できるだけ急速に冷凍すること、空気に触れる面を少なくすること、を意識して冷凍してみてください。

生のまま冷凍するメリット

  • 加熱時間や冷ます時間がないので、短時間で作業ができます。
  • 思い立った時にでき、カットして袋に入れるだけなので手間がかかりません。

生のまま冷凍するデメリット

  • 加熱してから冷凍したものに比べて味が落ちやすく、パサつきがちです。
  • 火を通さずに冷凍するので、使用する時に調理時間がかかります。

 

2.かぼちゃを加熱してから冷凍保存する

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃに一度火を通してから冷凍保存する方法です。炒め物などに使う時はこちらがおすすめです。

  1. 下処理をしたかぼちゃを好きな大きさにカットし、耐熱皿にのせてラップをしてレンジでチンします。
  2. かぼちゃがやわらかくなるまで火が通ったらお皿ごと取り出して冷ましましょう。
  3. 完全に冷めたのを確認したら小分けにしてラップに包むか、フリーザーバッグにそのまま入れて空気を抜き、冷凍庫に入れてください。ラップに包んだものをさらにフリーザーバッグに入れるのがおすすめです。

 

加熱してから冷凍する場合の注意点

かぼちゃに火を通すには、レンジでチンするほか、お鍋で茹でるのもOKです。ただし、茹でてから冷凍したものは解凍した際に水分が出やすいので、レンジを使用する方が手軽でおすすめです。

レンジを使用した場合でも、茹でた場合でも、水分が残っている時はキッチンペーパーなどで水気をしっかり拭いてから冷凍するようにしましょう。

加熱してから冷凍するメリット

  • あらかじめ火を通してあるので、調理時間が短縮できます。
  • 新鮮なうちに茹でて冷凍すると、味の劣化や栄養素の減少が少なくなります。

加熱してから冷凍するデメリット

  • 火を通して冷ますまで時間がかかるので、今すぐ冷凍したいという時に向きません。

 

3.かぼちゃをマッシュしてから冷凍保存する

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

スポンサーリンク

サラダやポタージュに使用するならあらかじめマッシュしてから冷凍しておくと便利です。

  1. かぼちゃは下処理をし、レンジかお鍋で茹でてやわらかくなるまで火を通します。
  2. やわらかくなったかぼちゃの皮の部分を取り除き、あたたかいうちにマッシャーやフォーク、木べらなどでつぶしましょう。
  3. マッシュしてペースト状になったものが冷めたら、薄く平らに伸ばして小分けにしてラップで包み、さらにフリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍庫に入れてください。

 

マッシュしてから冷凍する場合の注意点

小分けにせず、薄く薄く1枚に伸ばして冷凍するのもおすすめです。

凍ってからパキパキ手で折って必要な分だけ使用することができます。

マッシュしてから冷凍するメリット

  • 解凍がすぐでき、使い勝手がよく、調理時間が大幅に短縮されます。
  • ラップできっちり包むことによって空気に触れる面が少ないので、長期保存に向いています。

マッシュしてから冷凍するデメリット

  • 冷凍保存するまで、手間も時間もかかります。

 

結局、どの冷凍保存方法がおすすめなの?

3種類の冷凍保存方法をご紹介してきましたが、ではおすすめはどの方法なのでしょうか?

答えはどれもおすすめなんです!

その時の状況や使いたい用途に合わせて選ぶようにしましょう。

冷凍したいけど時間に余裕がない → 生のまま冷凍

味噌汁やスープの具として使いたい → 生のまま冷凍

炒め物や煮物に使いたい → 加熱してから冷凍

離乳食に使いたい → マッシュしてから冷凍

コロッケやポタージュに使いたい → マッシュしてから冷凍

各冷凍方法の特徴をわかりやすく表にしてみましたので参考までにご覧下さい。

生のまま 加熱して マッシュ
冷凍するまでの時間
長期保存できるか
味や栄養素を保てるか

 

冷凍保存したかぼちゃの上手な使い方

上手に冷凍できたのはいいけど、使い方を誤ってしまっては元も子もありません。

冷凍保存したかぼちゃを美味しく頂くには、用途に合わせた使い方を覚えておきましょう。

基本的には、生のまま冷凍保存したものも、茹でてから冷凍したものも、扱い方は一緒です。

1.解凍しないで使うのはどんな時?

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃの煮物や、味噌汁・スープなどの汁物に入れたいときは、解凍せずにそのまま調理するのが便利です。

もちろん、一度解凍してからでも使えますが、解凍時に栄養素が水分と一緒に流れ出てしまいますので、凍ったまま調理することをおすすめします。

グラタンの具などに使用する場合も、凍ったままで調理しましょう。

基本的に、加熱時間が長い料理に使用する場合は、解凍しないでそのまま使えます。

2.解凍してから使うのはどんな時?

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

天ぷらや炒め物に使いたい時は、一度解凍してから使用するようにしましょう。

前の晩に冷蔵庫に入れて自然解凍しておくか、使う前にレンジで解凍してもOKです。

マッシュしてから冷凍保存したものは、解凍してから調理して下さい。

お弁当のおかずとして使うなど、短時間で調理したい時も、解凍してからの方が調理時間の時短になります。

加熱時間が短い料理に使用する時や、調理時間を短縮したい時は、解凍してから使うようにします。

 

冷凍保存に適したかぼちゃの選び方

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃは冷凍保存に向いている野菜ですが、通常に調理したものと比べると味や食感が若干落ちてしまうのは避けられません。

それを防ぐためには、適切な冷凍保存方法もそうですが、できるだけ美味しいかぼちゃを選ぶことが重要になってきます。

最初から美味しくないかぼちゃは、冷凍してからますます味が落ちてしまいます。

次で美味しいかぼちゃを見分けるポイントをご紹介していきます。

1.かぼちゃの見た目で見分けるポイント

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

  • 表面の緑色が濃く、黒に近いもの。色が濃いものほど甘味が強い。
  • 縞模様がはっきりしているもの。
  • 形が整っているもの。左右対称であればあるほどよい。
  • 皮の一部が黄色くなっているものは、その部分が濃いオレンジ色に近いもの。
  • 表面にしっかりと溝が入って、でこぼこしているもの。

2.かぼちゃのへたで見分けるポイント

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

  • 軸が太く、10円玉ぐらいの大きさのもの。
  • へたの部分が乾燥してコルクのようになっているもの。
  • へたの周りがへこんでいたり、ひびが入っているもの。
  • へたの周りを指で押してやわらかいものは完熟しきっていないので避ける。

3.かぼちゃを触って見分けるポイント

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

 

  • 持った時にずっしりと重みがあるもの。
  • 皮が固く、爪を立ててもへこまないぐらい肉厚でがっしりしているもの。
  • 表面がなめらかなものややわらかいものは、出荷して日が経っておらず完熟していない可能性があるのでNG。

4.カットされたカボチャを見分けるポイント

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

  • 果肉が肉厚で濃いオレンジ色をしているもの。
  • 種がしっかりとふくらんでいるもの。種がぺったんこなものはまだ熟していない証拠。
  • 種とわたがぎっしり詰まっているもの。スカスカのものは避ける。

冷凍保存したかぼちゃのおすすめレシピ5選

1.かぼちゃと鶏挽肉のほんのり甘いそぼろ煮

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

シンプルなかぼちゃの煮物に飽きてしまったら挽肉と一緒に煮てみませんか?

ごはんのおかずにもなる一品です。

かぼちゃと鶏挽肉のそぼろ煮(2~3人分)

【材料】冷凍かぼちゃ(角切り) 1/4個分、鶏挽肉 100g、砂糖 大さじ2、みりん 大さじ2、醤油 大さじ3、片栗粉 小さじ1、しょうが 少々

  1. 鍋に油をひき、みじん切りにしたしょうがを入れて火にかけ、挽肉を炒めます。
  2. 挽肉に火が通ったら冷凍かぼちゃを凍ったまま入れ、そのまま炒めます。
  3. 全体が馴染んできたところで水をかぶるぐらい入れ、沸騰するまで火にかけます。
  4. 沸騰したら中火にし、砂糖とみりんを加えてアクを取り除きながら5~10分ほど煮ます。
  5. 醤油を加えて煮汁が半分ぐらいになるまで煮込み、最後に小さじ2で溶いた水溶き片栗粉を混ぜいれて完成です。
  • 鶏挽き肉の代わりに豚挽き肉でも美味しく作れます。
  • 茹でたインゲンや絹さやを添えると彩りがよくなります。

 

2.夏に美味しい!かぼちゃとなすのさっぱり煮浸し

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

夏野菜の美味しい時期におすすめの煮浸し。

冷蔵庫で保存すれば2~3日持つので、作りおきおかずとしておすすめです。

かぼちゃとなすの煮浸し(2~3人分)

【材料】冷凍かぼちゃ(角切りまたはくし切り) 1/4個、なす 3~4本、めんつゆ(濃縮タイプを薄めたもの)300ml、お酢 小さじ1、砂糖 小さじ1、揚げ油 適量

  1. 冷凍かぼちゃは自然解凍かレンジであらかじめ解凍しておきます。
  2. なすは食べやすい大きさにカットし、水にさらしておきます。
  3. かぼちゃとなすの水気をキッチンペーパーで取り除き、強火で素揚げします。
  4. 焼き色がつくまで揚げたら、キッチンペーパーで余分な油を取り除いてください。
  5. 鍋にめんつゆ、お酢、砂糖を入れて火にかけ、素揚げしたかぼちゃとなすを加えて少し煮立たせたところ火を止めて出来上がり。
  • なす以外にも、ししとうやピーマン、オクラなどの野菜もとても合います。
  • かぼちゃを長く煮ると煮崩れしてしまいますので、煮立ったところで火を止めておいておけば十分味が染みこんで美味しくなります。

 

3.ほっこり温まるかぼちゃのポタージュスープ

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃのほんのりとした甘みが美味しいポタージュ。

マッシュしてから冷凍したかぼちゃを使用すれば数分で出来上がります。

かぼちゃのポタージュスープ(2~3人分)

【材料】冷凍かぼちゃ 1/4個分、コンソメ 小さじ1、牛乳または生クリーム 200ml、水 100~200ml

  1. 冷凍かぼちゃは解凍してやわらかくし、マッシャーや木べら、フォークなどで潰しておきます。
  2. マッシュしてから冷凍保存したかぼちゃの場合は解凍してからそのまま使います。
  3. すべての材料を鍋に入れて火にかけ、弱火でかき混ぜながら煮込みます。
  4. 数分~10分ほど煮込んでとろみがついたら完成です。パセリやクルトンがあればトッピングしましょう。
  • かぼちゃの皮は取り除いてもそのままでもどちらでもokです。お好みで選んでください。
  • 水を入れないで作ると濃厚なポタージュになります。お好きな濃さに調整してください。
  • 多少手間はかかりますが、玉ねぎ1/2個をスライスしてかぼちゃと一緒にバターで炒め、ミキサーにかけてから煮込むとさらに美味しいポタージュになります。

 

4.デリ風でおしゃれなかぼちゃとレーズンのサラダ

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

デパ地下でも人気のデリ風サラダ。かぼちゃとレーズンは相性ぴったりです。

かぼちゃとレーズンのサラダ(3~4人分)

【材料】冷凍かぼちゃ 1/4個、レーズン 50g、マヨネーズ 大さじ1、塩コショウ 適量

  1. 冷凍かぼちゃは解凍してつぶしておきます。粗めが好きな人はスプーンや木べらで崩すようにし、なめらかなものが好きな人はフォークやマッシャーで丁寧にマッシュしてください。
  2. ボウルに潰したかぼちゃとレーズンを入れ、調味料を入れて混ぜ合わせるだけで完成です。
  • お好みで乾煎りしたくるみやナッツ、きゅうり、玉ねぎなどを追加しても美味しく頂けます。
  • 調味料は様子を見ながらお好みの味に調整してください。

 

まとめ

かぼちゃの正しい冷凍保存方法とは?美味しくなるアレンジレシピ5選

かぼちゃの冷凍保存の仕方、冷凍したかぼちゃを美味しく頂く調理法などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

今回のポイントはこちらです。

  • かぼちゃの冷凍保存方法は、生のまま・加熱してから・マッシュしてからの3通りある。使いたい用途に合わせた冷凍保存方法を選ぶ。
  • 冷凍保存したかぼちゃは、解凍してもしなくても調理できる。作る料理に合わせるとよい。
  • できるだけ美味しいかぼちゃを選ぶ。冷凍保存に適したかぼちゃを選ぶことが大切。

丸ごと1個購入して上手に冷凍保存すれば、使いたい時にすぐ使えて時短にも繋がります。

かぼちゃは栄養素がたっぷりで体にもよいので、冷凍保存術を使いこなしてどんどん食卓に登場させましょう!

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-料理・レシピ

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.