飲み物

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

更新日:

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

人間の身体は、約65%が水分でできています。

そのため、水と健康の関係が世界中の人から注目されています。

健康的で安全な水の飲み方が、毎日の健康や美容、長寿と密接に関係しています。

十分な水を定期的に摂取することで、生活習慣病や成人病を改善が期待できます

健康的に長生きするために、水の正しい飲み方について理解しておくことが大切です。

①水と身体の健康にはどんな関係性3つ

②健康を保つために一日に飲むべき水の量

③生活習慣を改善し健康な体を作る水の働き

④健康を維持!長寿を支える水の選び方4つ

これまで当たり前に口にしていた水と健康の関係について、ゆっくりと考えることはなかったかもしれません。

毎日のお水と健康は一体どれほど親密に関係しているのでしょうか。

今回、健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方」と題して、水と健康の関係について紹介します。

 

1.水と身体の健康の関係性3つ

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

大人の身体の約65%は水分でできており、赤ちゃんの場合は約80%が水分です。

スポンサーリンク

そのため、健康的に生きていくためには、十分な水分を摂取する必要があります。

では、水と健康には具体的にどんな関係があるのでしょうか?

まずは、細胞と水、体液と水、血液と水の関係についてそれぞれ考えてみましょう。

 

①細胞と水の関係

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

人間の身体は、最小単位である数多くの細胞からできています。

体内にある水分のうち約45%ほどが細胞内で重要な働きをしています。

また細胞の種類によって違いますが、中には成分の70%が水分という細胞もあるほどです。

細胞にはタンパク質や核酸・糖質などの分子が含まれており、細胞内の水分が全ての分子を調和させています。

細胞内の水分は純粋な水ではなく、原形質というどろどろした海水のようなゼリー状の性質をしています。

細胞は見えないほど小さいですが、ひとつひとつの細胞内の水分子が正しく機能することで人の命と健康を支えています。

脳の約80%、網膜の約90%は水分で構成されており、身体のあらゆる部分も水分が占めています。

さらには、人間の身体は20兆以上の細胞から構成されていることを考えると、十分な水分摂取がいか重要か分かるでしょう。

 

 ②血液と水の関係

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

細胞以外の水分は、血液やリンパ液など細胞の外でも重要な働きを担っているんです。

人間の体内では、体液以外に約5リットルもの血液が流れており、生命に必要な栄養分や酸素を運んでいます。

その血液の90%が水分でできているので、水分摂取が血液の流れにダイレクトに影響することは明らかですよね?

水分が不足すると、血液がどろどろになって流れが悪くなり、全身に栄養や酸素が届きにくくなります。

血液の流れをスムーズに保つために、定期的に十分な水分を摂取するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

 

③体液と水の関係

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

血液以外にも、リンパ液などの体液が身体全体のバランスを保つ働きをしています。

ここで体液について簡単に説明しますね!

  • 体液は、電解質と非電解質という2種類の電解質と水分から作られている。
  • 電解質の体液には、マグネシウム・ナトリウム・カルシウム・カリウムといった陽イオン成分と、亜硫酸・塩素といった陰イオン成分が含まれている。
  • 電解質の体液は、体内で化学的反応を起こして、身体の骨組みを作る働きがある。
  • 非電解質の体液には、ブドウ糖・尿素・中性脂肪・コレステロール・乳酸燐脂質といった成分が含まれている。
  • 非電解質の体液は、栄養分を運搬して吸収したり、不要物を排泄したりして、生命と健康を維持する働きをしている。

このように体液が身体全体の健康を維持するための重要な働きを担っていることが分かりますね。

血液や体液のスムーズな流れがいかに健康と強く結びついているか理解できるでしょう。

 

2.健康を保つために一日に飲むべき水の量

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

ここまで、人間が生きていくためには、細胞や血液に十分な水分を与え、スムーズに流れるようにすることの必要性について解説しました。

私たちの身体には、体液だけでなく約5リットルもの血液が流れており、酸素や栄養分を運搬する必要があります。

では、一日にどのくらいの水を飲めば、身体の水の流れがスムーズになるのでしょうか。

また、たくさん水を飲むことで、得られる効果についても一緒にご紹介しましょう。

 

①理想は一日に2リットル以上の水

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

毎日どのくらいの水を飲む必要があるのでしょうか。

毎日2リットルから3リットルの水を飲んで、身体の調子を整えるのが理想的です

定期的に十分な水分を摂取することで、体液や血液の流れをスムーズにできます。

ずっと家にいて動いていないつもりでも、呼吸をしているだけで、一日に約1リットルほどの水分が失われてるんです。驚きですよね!

例えば窓ガラスに向かって息を吐いてみると、それだけでも水分が失わていることがよく分かります。

1リットルは自然に失われる水分を補給し、1リットルは体液や血液の流れをスムーズにするために必要です。

スポンサーリンク

モデルさんなど体調をストイックに整える必要のある職業の方は、一日に5リットルの水を飲んでいる人もいますよ。

一日に2リットルと聞くと多いように感じますが、一日に何回かに分けて飲めば、無理せずに水分を摂取することができます。

朝起きたらすぐに、コップ一杯の水を飲む習慣をつけましょう。

食事の前や食事中にも、水を飲みながら食べるのも良い方法です。

 

②水をたくさん飲むことで得られる7つの効果

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

一日にたくさんの水分を摂取すると、どんな効果があるのでしょうか。

①十分な水を摂取することで、脱水症状を避けることができます。

②身体に十分な水分を満たすことで、体液や血液の流れがスムーズになります。

③細胞の大部分は体液でできていますから、十分な水分が満たされると、細胞を若々しい状態に保つことができます。

④血液には栄養素や酸素を運搬する働きがあるので、血液の流れがよくなると、身体全体のバランスがよくなります。

⑤体液や血液がさらさらになると新陳代謝が促され、肌の調子がよくなり、老化を防止する効果が得られます。

⑥排尿や排便など老廃物を出しやすくなるので、身体がきれいになり、美容に効果的です。

⑦不要な細菌を洗い流すことによって、肥満を防いでダイエット効果も期待できます。

このように、1日を通して十分な水分を摂ることで、体液や血液の流れを良くし、健康と若さを保つ効果が得られるのです。

お水を飲むだけでこれだけの効果が得られるのであれば試さない手はないですよね!

 

3.生活習慣病を改善し健康な体を作る水の働き

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

日本において死亡者の約60%が生活習慣病が原因で死亡しているというデータがあります。

生活習慣病は、食習慣や運動不足、ストレスなど、ライフスタイルの悪さが原因で起こります。

生活習慣病は、食事制限や適度な運動によって改善できますが、十分な水を飲むことによっても予防できることが認められています。

では、水の摂取と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか。

ここでは、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、高尿酸血症と水の関係について考えてみましょう。

 

①糖尿病を予防する効果

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

定期的に十分な水を摂取することで、糖尿病を予防する効果が認められています。

糖尿病はインシュリンと呼ばれるホルモンが不足して、機能が低下することによって起こります。

インシュリンが足りなくなると、身体の新陳代謝が悪くなるため、脱水症状を避けてインシュリンの流れをよくする必要があります。

十分な水分を補給することで、体液の流れがよくなって、インシュリンの機能低下を防ぐことができます

排尿、排便をしたら水分を補給する、仕事や運動をして汗をかいたら水分を補給するという習慣を身に着けることが大切です。

高齢になってくると、脳が老化して渇きを感じにくくるので、水分を摂る時間を決めてもいいでしょう。

年齢に関係なく普段から定期的に水分を摂取する習慣を身に着けましょう。

このように、十分な水分補給により、インシュリンの働きをスムーズにすることで、糖尿病の進行を防ぐことができるのです。

 

②脳梗塞・心筋梗塞を予防する効果

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

定期的に十分な水を摂取することで、脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果があることが認められています。

脳梗塞や心筋梗塞は、血液が濃くなり、どろどろに凝固して血栓ができることで起こります。

脳血管の動脈で血栓ができると脳梗塞を、心臓周りの動脈で血栓ができると心筋梗塞を起こす可能性があります。

体内の水分が不足すると血液量が少なくなり、血圧が低下したり血液が濃くなったりします。

そのため、定期的に十分な水を摂取して、血液の濃度を下げて、血圧を安定させる必要があるのです。

朝起きた時や夜寝る前に水を飲むことで、血液量を増やして、血流をよくすることができます。

このように、定期的に水分補給は、脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果も得られるのです。

 

③高尿酸血症を予防する効果

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

定期的に十分な水を摂取することで、高尿酸血症を予防する効果があることが認められています。

高尿酸血症は、尿酸をスムーズに排泄できないことが原因で起こります。

尿酸は体内で作られたり、動物性タンパク質・油脂類・菓子類などの過剰摂取が原因で蓄積されます。

尿酸の量が多くなると、血液や尿に溶けることができずに結晶化してしまい、痛風や尿路結石を引き起こしてしまいます。

定期的に水分を補給することで、尿酸の排泄がスムーズになり、高尿酸血症を予防する効果が得られます。

日本では、数百万人が高尿酸血症というデータがあるので、毎日たくさんの水を飲んで、尿酸をスムーズに排出するようにしましょう。

 

4.健康を維持!長寿を支える水の選び方4つ

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

私たちが毎日飲んでいる水と長寿の関係が、数十年前から指摘されてきました。

日本の長寿を支えているのが、安全で健康的な水であると言っても過言ではありません。

健康的な水を定期的に取り入れることで、毎日の健康や若さを維持することができるのです。

では、どんな種類の水を、どのように飲めばよいのでしょうか?

ここでは、長寿を支える水の選び方や正しい飲み方についてご紹介しましょう。

 

①水道の水

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

ミネラルウォーターは美味しくて安全ですが、毎日2リットル以上の水を購入すると経済的ではありません。

日本の水道水はとてもきれいで安全なので、コストを抑えたい場合には無理をしてミネラルウォーターを買う必要はありません。

簡単な浄水器を使ったり、カルキや塩素を抜く工夫をすることで、水道水でも安心して飲むことができます。

備長炭を入れて数時間冷蔵庫で保存したり、レモン水を入れるだけでも飲みやすくなります。

水道水はどの家庭にもあり、費用も安いので、誰にでも簡単に試すことができますよね。

水道水で健康、美容、寿命を促す効果があるので、毎日たくさんの水を飲むようにしましょう。

 

②弱アルカリ性の水

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

私たちの身体は、弱アルカリ性という性質を有しています。

しかし、疲れたりストレスを感じたり、また身体が老化すると、身体が酸性になる傾向があります。

そのため、弱アルカリ性の水を摂取することで、体内の酸化を整える必要があります。

弱アルカリ性の水を摂取することで、老化の進行を防いで、細胞を若々しく保つことができます。

アルカリイオン水生成器も販売されているので、アルカリイオン水と酸性水をバランスよく取り入れるようにしましょう。

 

③カルシウムを含んだ水

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

日本人が毎日飲んでいる水の大半は軟水で、硬水に比べるとカルシウムが不足しています。

そのため、カルシウムを含んだ水を摂取して不足したカルシウムを補う必要があります。

体液や血液に含まれるカルシウムには、骨や歯を作ったり、栄養素を供給する働きがあります。

カルシウムが不足するようになると、骨が弱くなって骨折しやすくなるのです。

カルシウムを含んだ水を定期的に飲むことで、血液中のカルシウム量を一定に保ち、生活習慣病や成人病を予防することができます。

 

④ミネラルを含んだ水

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

ミネラルを含んだ水を定期的に飲んでいる人には、長寿の人が多いという調査結果があります。

ミネラルには、マグネシウム・鉄分・銅などの成分が含まれています。

ミネラルを豊富に含んだ水を摂取することで、身体全体の細胞へ必要な栄養分や酸素を効果的に運搬できるようになります。

栄養成分を含んだミネラルウォーターを選ぶことで、簡単にミネラル分を摂取できます。

ミネラル成分を含んだ水を定期的に飲むことで、長生きできる身体作りをしましょう。

 

5.まとめ

水は健康の最大の味方!効果を最大限引き出す水の飲み方と選び方

今回は、水と健康の関係についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

人間の身体の大部分は水分でできており、健康や美容と密接に関係があることをご理解いただけたことと思います。

ライフスタイルの改善と同時に、水分の摂り方や自分に適した水を選ぶことで健康的な生活習慣を身に着けることができます。

私たちに一番身近で手軽な「水」に対する意識を変えるだけで、これだけのメリットがあるので試さない手はないですよね。

一日2リットルの水は多いように感じるかもしれませんが、生活習慣病や成人病の予防にもなるので、まずは朝一杯の水から始めるようにしましょう。

 

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-飲み物

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.