生活の知恵

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

更新日:

 香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

香典に入れるお札は、新札ではなく古いお札を包むという話を聞かれたことがありますか?

結婚式などのお祝い事なら古いお札は失礼で、新札を包んで渡すのが常識ですよね。

ところが、お葬式の香典となると、新札を包まないというマナーがあるらしいのです。

そもそも香典って何だっけという方もおられるでしょう。

香典とは、線香やお花の代わりに死者の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に包んで渡すものです。

故人への弔意を表すだけでなく、遺族に対して葬儀など突然の出費に対してお互いに助け合うという意味があります。

では、香典に包むお札は古いお札が良いのでしょうか、それとも新札が良いのでしょうか?

ここでは、香典を渡す時のマナーについて、以下のポイントをまとめてみます。

  • 香典に包むお札は新札?古いお札?
  • 香典の入れ方、包み方のマナー
  • 香典を渡す時のマナー

今回は、香典に入れるお札と、香典を渡す時のマナーについて、ご紹介したいと思います。

 

香典に包むお札は新札?古いお札?

 香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

では、香典に包むお札は古いお札が良いのでしょうか、それとも新札が良いのでしょうか?

ここでは、香典に包む古いお札や新札のマナーに関して、ご紹介したいと思います。

 

 ①古いお札

 香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

スポンサーリンク

昔から香典に包むお札は、新札ではなく使い古した紙幣を入れるというしきたりがあります

それは、故人が亡くなることを予期して、新札を準備していたという印象を遺族に与えないためという理由です。

人の死や災難は予期できないものですから、不祝儀には古いお札が良いという考え方です。

また、新たな不幸を招かないようにという願いも込めて、古いお札を入れるのだそうです。

遺族に対する気遣いや縁起を担ぐ繊細な心、お互いに不愉快な思いをしないようにという心遣いは、まさに日本人ならではと言えますね。

地域によってマナーが異なるようですが、いずれにせよ新札は使わない方が無難です。

ただし、汚れたお札や破れたお札、シワだらけのお札は逆に失礼にあたりますから避けるようにしましょう。

 

②新札

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

人様に差し上げるお金だから、使い古しのお札より新札の方が良いという考え方も増えてきています。

一般的に、人に渡すお金は新札の方が良いという常識的な考え方ですよね。

告別式などは突然に起こることですが、最近では銀行や郵便局、ATMでも簡単に交換できるので新札が良いという発想なのです。

古いしきたりにこだわらない、あるいは古いしきたりを知らない若い世代の現実的な方法と言えるでしょう。

 

③香典に包むのは新札?古いお札?

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

では、実際に香典に包むのは、使い古しのお札と新札のどちらが良いのでしょうか?

不祝儀には古いお札というルールに従えば古いお札にすべきですが、法事のようにあらかじめ開催が決まっている行事であれば新札でも良いという発想になりますよね。

どちらも細やかな気遣いから生まれたものですから、一概にどちらが正しくて、どちらが間違っているとは言い切れないでしょう。

最終的にはそれぞれの判断に従うのが最善ですが、遺族の方の中には古来からのしきたりやマナーを大切にされている方もたくさんおられます。

遺族の方の気持ちに配慮するという考え方に従えば、やはり古いお札を用意する方が不必要な誤解を受ける心配がなくて安心だと言えます。

スポンサーリンク

ただし、どうしても新札しか手持ちがない場合は、新札を二つに折ってから袋に入れるようにしてください。

 

香典の入れ方、包み方のマナー

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

香典袋に入れるお札には、表と裏のお金を入れる向きや包み方に関するマナーがあります。

ここでは、お金の入れ方や包み方に関する香典のマナーについて、ご紹介したいと思います。

 

①お札の向きを揃えて入れる

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

香典袋は、お悔やみ用のお金を入れる袋のことで、不祝儀袋とも呼ばれています。

地方や宗教によってしきたりが異なっているので、訃報を受けたら先方の宗教を確認します。

香典袋に入れるお金には表と裏があって、お金の向きのしきたりを気にする方がいます。

人物がある方がお金の表で、人物がない方が裏なので、お札の向きを揃えるようにしましょう。

顔のある方が見えないように、裏が見えるようにお金を入れるのがポイントです。

ただし、お札の向きについては、気にしなくて良いという考え方もあります。

お札の向きを気にしなくて良い場合でも、2枚以上のお金を入れる時にはすべてのお札の向きを揃えるようにしましょう。

 

②中袋に入れて外包みで包む

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

中袋に向きを揃えてお札を入れたら、外包みで包むのが香典のマナーです。

  • 外包みを開いたら、内面が表に出ている状態にする
  • 中央に中包みを置き、背面が表に出ている状態にする
  • 左、右の順で外包みをかぶせる
  • 下、上の順で包み終える
  • 上側が被いかぶさっている形にする
  • 水引きの中に元通りになるように入れる

香典袋と中包み(中袋)に対して、お札の裏面が来るように入れるのがポイントです。

 

②香典の金額は5千円から1万円が基本

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

香典の金額には決まりがなく、故人との関係や社会的立場、地方によっても習慣が違っています。

スポンサーリンク

一般的には5千円から1万円が多いようで、金額が多ければ良いというものではありません。

金額は遺族とのつき合いの程度や、持参する人の年齢、立場などによって変わってきます。

自分の気持ちを表すという考え方からすれば、お金よりいたわりの心が大切と言えるでしょう。

親しい付き合いでなければ、気持ちだけ包んで、場合によってはお金を控えることもできます。

気持ちで焼香だけする場合もありますし、告別式には参加しないで出棺の時だけ見送ることもできます。

香典に包むお金は、喪家が恐縮してしまうような金額は避けて、常識的な範囲の金額を包むようにしましょう。

いくら包んだら良いか分からなくて金額に迷ったら、同じような立場の人に相談しましょう。

 

香典を渡す時のマナー

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

古いお札か折り曲げた新札を入れた香典を渡す時には、どんなマナーがあるのでしょうか?

ここでは、香典を渡す時に知っておくべきマナーについて、ご紹介したいと思います。

 

①通夜か告別式の受付で渡す

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

訃報の知らせを受けたら、通夜か告別式に香典を持参して、受付に渡します。

受付で「このたびはご愁傷様です」などお悔やみの言葉を述べて、差し出すのが慣例です。

通夜と告別式の両方に参列する場合は、通夜のときに持参するほうが自然でしょう。

すでに通夜に持参した時は、告別式に重ねて持参する必要はなく、告別式では記帳だけします。

受付がない場合は、喪主や遺族、運営責任者などに、お悔やみを述べながら直接渡します。

香典には新札は使わないとされていますが、もし新札を使用する場合は、折り目をつけてから包むとよいでしょう。

 

②袱紗(ふくさ)に包んで渡す

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

香典を渡す際には、袱紗(ふくさ)に包んで渡すようにしましょう。

相手に差し上げるものですから、折ったり汚したりしないように包んで持参するのが丁寧な方法です。

袱紗から不祝儀袋を取り出したら、手早く袱紗をたたみ、その上に不祝儀袋を乗せて差し出します。

不祝儀袋を渡す時には、正しい方向を向けて差し出すように気を配りましょう。

最近、スーツの内ポケットからむき出しのままの不祝儀袋や、買ったときのビニール袋を使っている人も多いようですが、マナーを理解した方法とは言えません。

紫色の袱紗を一つ用意しておけば慶弔どちらにも使えますから、社会人のマナーとして手に入れておきましょう。

 

③親族の告別式で香典を渡す

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

自分の親が亡くなった場合でも、喪主以外の子供は香典を準備するのがマナーです。

祖父や祖母が亡くなった場合、社会人になっている孫であれば香典を出す方がよいでしょう。

孫同士のバランスを考えるなら、同世代の孫たちで同じ額ずつ出して、孫一同という形で香典を包むことができます。

人数が少ない場合には連名の形で氏名を書くことができますし、結婚している孫であれば単独で香典を出すこともできます。

夫婦の場合には一人分の金額で香典を包めますが、葬儀のあとの会食にも出席する場合には相応の金額を包むようにしましょう。

 

④取引先の告別式で渡す

香典に包むなら新札?それとも古いお札?香典を渡す時のマナーとは?

香典の金額は取引先の程度や年齢によって変わりますが、会社名や社長名で出すことがあります。

場合によっては弔電や供花を手配して、香典は贈らないこともあります。

  • 先方の直接の担当者などの葬儀では、一般的には3,000円以上
  • 取引先の重役以上の役職者の葬儀であれば、一般的には10,000円以上
  • 社葬が行われた場合、一般的には1万円から3万円程度
  • 長年にわたり親しい付き合いのある会社や社長なら、3万円から10万円程度

香典と一緒に供花を贈ることもあり、香典+供花の合計で3万円や5万円ほどになります。

香典に決まった金額はなく、相手に気持ちが伝わることが一番大切なマナーなのです。

 

まとめ

今回は、香典に包むのは古いお札が良いのか、新札が良いのかについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

人の死や災難を予期していたという誤解を与えないように、古いお札を包むのが香典のマナーであることをご理解いただけたことと思います。

最近では新札を包むのが良いという考えもあるようですが、古くからのしきたりを大事にする方も多いですから、新札を二つに折ってから入れるようにしましょう。

香典で大切なのはお金の金額ではなく遺族に対する心遣いですから、きちんとマナーを理解して不快な印象を与えないようにしましょう。

遠い場所に住んでいて通夜や告別式に出席できない場合でも、香典をきちんと不祝儀袋に入れてメッセージと共に現金書留で郵送すると良いでしょう。

一人の社会人として突然の不幸にもスマートに対処できるように、香典の新札に関するマナーをしっかりと身に着けるようにしましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.