生活の知恵

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

更新日:

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

最近、結婚ラッシュが続いて、結婚式に参加しまくってるなんて方おられませんか?

結婚式って参加すると、幸せを分けてもらってる感じがしてうきうきしますよね。

そんな結婚式ですが、ご祝儀袋には新札を入れるのがマナーで、毎回のように急いで準備することはないでしょうか?

さすがに、折れ曲がったようなお札や使い古されて汚れたお札を入れることはできないですよね。

他にも、お年玉、進学や進級へのお祝い、出産祝い、七五三など、一年中新札が必要になるイベントは盛りだくさんです。

ご祝儀に必要な新札を交換する方法はいくつかありますが、銀行で新札を交換するのが一番確実な方法です。

ここでは、銀行で新札を交換するポイントについて、まとめてみたいと思います。

  • 銀行の窓口で新札に交換する方法とは?
  • 銀行の両替機で新札に交換する方法とは?
  • 銀行以外で新札を交換できる場所はどこ?

今回は、銀行の窓口や両替機で新札に交換する方法について、分かりやすくご紹介したいと思います。

 

銀行の窓口で新札に交換する方法とは?

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

新札を確実に交換したいなら、銀行の窓口を利用するのが一番便利だと言われています。

ここでは、銀行の窓口で新札に交換する方法について、お話ししていきたいと思います。

 

①銀行の窓口で交換する

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

新札を手に入れるためには、銀行の窓口で交換してもらうのが一番確実な方法と言えます。

当たり前ですが、まずは交換したい現金をもって銀行の窓口に行きましょう。

スポンサーリンク

キャッシュカードや通帳などがない場合でも、銀行の窓口に行けばどこでも間違いなく新札に両替してくれます。

両替用の記入用紙があるので、以下の内容を記入しましょう。

  • 名前
  • 住所
  • 金額や札の種類と枚数
  • 新札欄にチェック

全ての欄に記入した記入用紙を、両替する分のお札とともに窓口へ持っていきます。

少量の交換であれば問題ありませんが、大量の交換になると事前に予約しておく方が良いでしょう。

銀行の窓口は時間帯によっては込み合っていて、待ち時間が長くかかることがあります。

時間に余裕がない時には、待ち時間も計算して銀行の窓口に行くようにしましょう。

 

②新札へ交換する手数料を確認する

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

新札に交換する時に気になるのは、手数料が必要かどうかということですよね?

銀行の窓口で交換する場合、数十枚程度で大量でなければ手数料は基本的に無料です。

ただし、あまりに交換する枚数が多い場合には、手数料が必要になる事があります。

1万円札から1万円札の新札に交換する場合は、基本的に手数料は必要ありません。

でも1万円札から千円札のように、異なる紙幣に両替する場合は手数料が必要になることがあります。

では、どのくらいの量を交換すると手数料が必要になってくるのでしょうか?

銀行によって異なっていますが、50枚以下であれば手数料が不要で、50枚以上の新札が欲しい場合は手数料が必要という銀行があります。

例えば、銀行によっては50枚までは無料で、51枚から500枚までは約300円、500枚以上だと約600円という具合に、量によって手数料が変わってきます。

銀行によっては300枚目から手数料がかかるなど差があるようなので、大量に新札が必要な場合には、事前に銀行へ確認するようにしましょう。

 

③平日の15時までに窓口に行く

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行の窓口で新札に交換する場合には、銀行の営業時間を考える必要があります。

スポンサーリンク

多くの銀行窓口の受付時間は、平日の15時までとなっています。

平日15時までに銀行の窓口に行って、両替の記入用紙があるので必要事項を記入して提出すると、新札と交換することができます。

サラリーマンの方であれば、昼休みなどの時間を利用して窓口に行くようにしましょう。

例外として、りそな銀行などの営業時間は、平日17時まで窓口で新札に交換できるようです。

営業時間に関しては銀行や店舗によって異なりますから、事前に電話やホームページで確認するようにしてください。

 

銀行の両替機やATMで新札に交換する方法とは?

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行に設置されている両替機を利用することでも、新札に交換することができます。

ここでは、銀行の両替機で新札に交換する方法について、ご紹介したいと思います。

 

①銀行の両替機で新札に交換する

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行に設置されている両替機でも、新札に交換することができます。

窓口で新札を交換するのに比べると、両替機の方がかなり時間を短縮することができます。

両替機に手持ちの1万円札を入れると、新札の1万円札と交換してくれるという便利な機械です。

新札が優先して出される仕組みの両替機もありますが、100%新札とは限らないので、銀行員さんに確認してみましょう。

両替機に新札が入っている場合は、窓口に並んでも銀行員さんが両替機に誘導して時間を短縮させてくれる場合もあります。

利用するためには、キャッシュカードか両替専用のカードが必要になるので忘れないように持っていきましょう。

また、両替機を設置していない銀行もありますから、行く前に事前に調べておくと無難です。

両替機も窓口が営業している時間しか利用することができないので、時間にも注意しましょう。

スポンサーリンク

 

②銀行のATMで新札に交換する

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行に設置されているATMの機械を利用して、新札が出るまで出し入れするという方法もあります。

コンビニにもATMはありますが、銀行内にあるATMの方が新札に遭遇する確率は高いようです。

大きな銀行の店舗であればATMが多数ありますから、営業時間外でも並ぶことなくスムーズにATMを利用できます。

ただし、確実に新札が手に入る保証はなく、出し入れしていると怪しい人に思われる可能性もありますから、適度に空気を読みながら利用するようお勧めします。

中にはATMを設置していない銀行もありますから、その場合は営業時間内の窓口に行って新札に交換してもらうようにしましょう。

 

③土日や営業時間外でも交換できる

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

窓口が開いている営業時間に行けない場合には、ATMを利用して新札に交換できます。

銀行の店舗によっては土日でも窓口や両替機が利用できることもありますが、たいていは土日は新札に交換することができません。

ATMを利用することで、土日や夜の時間帯など営業時間帯以外でも、新札に交換できることがあります。

ただし、新札がすぐに出てくるとは限りませんから、成功するまで何度か試してみましょう。

 

銀行以外に新札を交換できる場所はどこ?

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行の窓口や両替機を利用できない場合、他にも新札を交換する方法はあるのでしょうか?

ここでは、銀行以外の場所で新札に交換する方法について、ご紹介したいと思います。

 

①コンビニATMで新札に交換する

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行の窓口や両替機以外でも、コンビニのATMを利用して新札に交換することができます。

これは、コンビニのATMから預金を限度額まで引き出すというシンプルな方法になります。

コンビニATMは銀行ATMと同様に、新札が出てくる可能性が高いと言われています。

それは、一度にたくさんのお札がATM内に入れられるため、新札が多く入っているからです。

とはいえ、いつも新札が出てくるとは限らないので、新札をゲットできたらラッキーと思いましょう。

ATMの機種によっても異なりますが、1日にATMで引き出せる金額には上限がありますから、引き出せる金額の範囲をしっかり確認しましょう。

 

②結婚式場でも新札に交換できる

銀行で新札に交換する方法!窓口や両替機の利用方法や手数料とは?

銀行の窓口や両替機以外でも、結婚式場のフロントで新札に交換できることがあります。

当日になって新札がなくて困っているお客さんは多いため、結婚式場でも新札との両替サービスを行っている式場が多くあります。

系列店舗があるような大型の結婚式場では、フロントで新札と交換対応しているケースが多くありますから尋ねてみてください。

ただし、最近流行っている小さな教会やチャペルで挙げる結婚式などでは、フロントが存在してなくて新札に交換できない可能性があります。

まずは前もって結婚式場に電話をして、新札を交換できるかどうかを確認してみましょう。

 

まとめ

今回は、銀行で新札を交換する方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

新札を交換するなら、銀行を利用するのが一番便利だということをご理解いただけたことと思います。

銀行で新札を交換するにも、窓口を利用する方法と、両替機を利用する方法の二つがあります。

窓口や両替機を利用すれば簡単に交換できますが、営業時間や手数料がかかることがありますから事前に確認しましょう。

銀行にはATMもあって営業時間外でも利用できますから、新札をゲットできるまでお金を出し入れするのも便利な方法ですね。

銀行で新札を交換できない場合でも、郵便局やコンビニ、スーパーなどでも交換できることをご紹介しました。

これから結婚式やお祝い事など、新札が必要になることが多い季節ですから、新札を交換する方法を覚えておくと便利ですね。

銀行で綺麗な新札に交換して、気持ちよくお友達を祝福してあげましょう。

引き続き、「生活に役立つ知恵や裏技」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-生活の知恵

Copyright© 生活に役立つ知恵・裏技・トリビア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.